情実総理、「王道」政治を語る

2018.04.10.02:15

 これは正しくは「語る」ではなくて「騙る」です。次の時事通信の記事をご覧ください。かなり笑えます。

 安倍晋三首相は9日の参院決算委員会で、昨年7月の東京都議選時、街頭演説で「こんな人たちに負けるわけにいかない」と発言したことに関し、聴衆からの「辞めろ」コールは「選挙妨害」と断じ、「正しい王道の選挙を戦おうと訴えた」と改めて釈明した。民進党の大島九州男氏が都議選に触れて質問したのに答えた。
 首相はコールについて「明らかに選挙活動の妨害行為だ。政策を訴えるのではなく、単に『安倍辞めろ』と言っている」と指摘。「候補者の話を聞いて判断してもらう環境をつくるのが選挙ではないか。こういうことをやる人たちに、私たちは負けるわけにはいかない」と強調した。(2018/04/09-12:19)


 ちなみに、この「正しい王道の政治」という表現も間違いです。他の記事でも確認しましたが、彼はたしかにこういう言い方をしたようです。これは「おなかが腹痛だ」と言うのと同じで、安倍総理の教養レベルでは難しいかも知れませんが、「王道」というのは「覇道」と対比されるので、「正しい」「正々堂々たる」を元々含意しているのです。

 にしても、彼の言う「王道の政治」というのは何なのでしょう? 周りをお友達とイエスマンで固めて、森友でも加計でも、「お友達の便宜」をはかろうとして横車を押したのが発端です。それで批判されると、何でもありの手を使ってごまかしや隠蔽に走る。この問題が長引いているのも、野党やマスコミが「政局化」しているからではなく、いつまでも彼が嘘をつき続けているからなのです。

 今では大方が見放してしまったようですが、僕の知り合いにも、主に経済政策が理由で安倍政権を支持していた人が何人かはいて、彼らが一様に「あれはまずすぎた…」と言っていたのは、例の「私や妻が関与していたのなら、総理も議員も辞める」という国会答弁の際の発言です。妻のアッキーの関与は歴然としているのだから、彼は総理も国会議員も辞めなければならなくなった。それを防ぐためにはどんな無理をしてでもアッキーの関与を否定しなければならなくなり、それが佐川前長官の虚偽答弁、ひいては財務省の文書改竄にもつながったのです。総理にはあるまじきケーハクすぎる一言が、一連の犯罪の原因になった。あの「こんな人たちに…」発言の元となった「辞めろ!」コールも、森友・加計問題での安倍政権のひどすぎる対応に怒りを募らせた人たちのものだったのです。「王道」政治家に向かって放たれた「心ない群衆の罵言」と解釈するのは安倍本人だけです。

 今やアッキーは「究極のサゲマン」視されるにいたっていますが、最初は「家庭内野党」とか何とかいって、原発だの沖縄米軍基地問題だの、「妻の反対を許容する総理の懐の深さ」をアピールするのにもってこいだと、都合よく受け止められていたのです。皮肉なことに、森友学園の「教育勅語」教育に関しては、「私の考えとも近い」と当初は安倍もご満悦だった。それでアッキーは名誉校長にまでなって、小学校開設を後押ししたので、ところがその用地取得の経緯がマスコミ沙汰になって、「あるまじき不正」の疑いを招くことになり、安倍はその段階で手のひらを反して、籠池夫妻を「異常な人たち」呼ばわりした。「妻の関与」もあってはならないこと、従って「なかった」ことにされたのです。そこに無理があった。

 やや旧聞になりますが、それが表沙汰になるきっかけを作った地方議員への興味深いインタビューがあります。HUFFPOST、3月31日の記事。これは事件の経緯とその深刻さがよくわかる出色の記事で、ついでに産経新聞が東京と大阪で全然違うらしいのもわかって、そのあたりも面白いので、まだの方はぜひクリックしてお読み下さい。

森友問題が明らかになるまで。最初に「告発」した大阪・豊中市議の執念とは

 安倍はここまで歴然とした話を、それでもなお否定しようとしているわけです。「安倍晋三首相は9日午前の参院決算委員会で森友学園問題について『私も妻も関わっていないが、そうだという証拠や証言はない』と述べた上で『妻が名誉校長を引き受けたため疑念を持たれてもやむを得ない』と指摘した」(ロイター)と、まるで自分たち夫婦が被害者であるかのごとき口ぶりです。そんなに言うなら、女房や、その命を受けて動いた当時の夫人付職員、谷査恵子氏の証人喚問に応じろよと言いたくなりますが、それは頑なに拒むのです。

 まあ、検察が大阪市大卒の異色の「酒豪」女性特捜部長の指揮のもと、東京地検特捜部のバックアップも受けて深いところまで斬り込もうとしているという話だから、それを拒んでも安倍は窮地に追い込まれそうですが、最後まで「私がなかったと言っているのだから、なかったのだ!」と嘘をつき続けるのか、見物させてもらいましょう。

 これは最新ですが、加計問題に関しても、「ない」と言っていた文書が新たに発見されたそうです。

 学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設した計画を巡り、県が、これまで「ない」と回答していた計画に関する文書が存在していたことが9日、県幹部への取材で分かった。県が事実関係を調査している。
 新設計画に関する全文書の情報公開を請求した今治市の市民団体によると、文書には、2015年4月2日に県や市の職員らが首相官邸などを訪れた際のやりとりなどが含まれているとみられる。
 団体は17年5月、県に対し、情報公開を請求。官邸の訪問記録について県の担当者に尋ねた際、「廃棄済みのためない」などと口頭で伝えられたという。(共同通信2018/04/10 00:34)


 安倍政権がらみの「ない」は全部嘘で、早くこの政権を終わらせないかぎり、似たようなことはこの先もずっと続くでしょう。政治家先生たちも、官僚も、品位をこの上なく落とすだけでなく、仕事にならないのでありませんかね。子供たちの教育上もよろしくないのは、言うまでもありません。安倍みたいな反省心絶無のジコチューで常習的な嘘つきのガキが大量発生したら、どうするんですか? 何? その場合は軍歌と教育勅語の暗唱教育で「芯を入れる」って? ご愁傷さま。

ないはある、あるはない、ほんとはうそ、うそはほんと…

2018.04.04.16:23

 受験戦線が終わって数日留守にしていたので書きそびれましたが、再開します。

 シェイクスピアの『マクベス』冒頭に、「きれいはきたない、きたないはきれい」という有名な魔女のコーラスが出てきます(今の政治家センセたちの大方はご存じない?)が、あれをほうふつさせる、昨今の政治と行政です。「ない」と言っていたものが後で「あった」となり、それもなんだかおかしいので調べると、文書が途中で改竄されたりしているわけです。でもそれは政府関係者が命じたものでも、役人の強力な忖度が働いてなされたものでもないのです。じゃあ、一体どういうわけで? 「私自身の刑事訴追のおそれがありますので、そのあたりのことについては答弁を差し控えさせて頂きたいと思います。」全部それで逃げて、にもかかわらず、「首相官邸、総理夫妻は無関係」だと断言する。何でそう言えるのだと反問すると、「それはまさに私の刑事訴追にも関することでありまして、答弁は差し控えさせていただきたい」が繰り返される。実質論理としてはナンセンスの極みでも、保身のためとあらば何にでも強引にこじつける。あの福島原発事故以来、久しぶりに「東大話法」(京大出身の安富東大教授の命名)という言葉を思い出しました。

「共同通信社が3月31日、4月1日の両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で証人喚問を受けた佐川宣寿前国税庁長官の証言に関し「納得できない」との回答が72・6%に上った。「納得できる」は19・5%。改ざん問題で「安倍晋三首相に責任があると思う」は65・0%で、3月17、18両日の前回調査(66・1%)と横ばい。「首相に責任はない」は27・5%だった。
 内閣支持率は42・4%で、前回から3・7ポイント増えた。不支持は47・5%(前回比0・7ポイント減…(毎日4.1記事。ここから先は有料)


 これも不可解な反応で、「納得できない」が72.5%、「安倍晋三首相に責任があると思う」は65%なのに、支持率は3.7%戻しているのです。仮にこれでアッキーが証人喚問され、官邸の振り付けに従って嘘と出鱈目を平然と語ったとしても、「とにかく証言はした」というので、支持が再び不支持を上回るようになるかもしれません。

 しかし、次のような記事(AERA)もあるから検察に期待しましょう。

「大阪の事件捜査の顔」が大阪高検に就任、森友学園問題で忖度する気はゼロ

 他にも、しかし、網タイツ防衛相の頃のあの「ないはずなのにあった」事件が、あれは南スーダンPKOでしたが、今度は「イラク日報」にかたちを変えて再燃しているようです。

「また文書」政府防戦必死 自民不満たらたら

 うーん。要するに、安倍政権下の各省庁の「ない」は「ある」の意味であることもあって、否定は別に肯定の反対を示すものではないのです。だから佐川証言の「関与はなかった」というのも、それについての根拠を彼は何も示せなかったのですが、「関与はあった」と言うのと矛盾しないことになります。白か黒かときかれると条件反射的に必ず「白!」と答える。しかしそれは、形式論理上はともかく、実質的には黒であることを否定するものではないのです。

 安倍政権下では、かくのごとく、論理学の基礎もあっさり反故にされてしまうわけで、今どきの大学入試では「論理的思考力」と「文脈を読む力」が何より重要だとされるのですが、将来官僚や政治家になりたいと思う若者たちは、いったん職に就いたらそのようなものはすべて忘れ去り、廃棄しなければならないのです。

 しかし、それで物事の道理をつかんだり、考えたりすることは果たしてできるのか? できるわけがありませんが、要は、そんなものはいらないということなのです。大嘘つきのサイコパス政権に仕える身でそんなものを保持していれば、身に災いを招くか自殺する羽目に追い込まれるだけです。クルクルパーになることこそ、生存の道です。

 金正恩やトランプは恐ろしいが、安倍政権もそれに劣らず恐ろしい。日本人全体の頭が濁って、何が何やらわからなくなり、ミソとクソの区別もつかなくなって、日本中のあちこちで神経症患者特有の「アハハ…」という空笑が聞こえるようになる日は、すぐそこまで来ているのかもしれません。皆で「♪あるはない、ないはあるで、うそはほんと」が合唱される。

 再びシェイクスピアを引用するなら、「世界の関節は外れてしまった」のです。こういうのもアッキーの言う「神様のお導き」なんでしょうか? 彼女にこれを送りつけたら、「いいね!」押してもらえますかね?

溺れる安倍はオバマをもつかむ

2018.03.26.13:59

 これが何のもじりかは、このブログの読者には説明不要でしょう。次のような記事が出ていて、笑ってしまいました。

 安倍晋三首相は25日、オバマ前米大統領と東京・銀座のすし店で昼食をとりながら会談した。約1時間半の会談後、安倍首相は記者団に「伊勢志摩サミット、広島訪問、パールハーバー訪問など、主に昔話について盛り上がった」と話した。
「銀座久兵衛本店」の前で出迎えた安倍首相に、オバマ氏は「ハイ、シンゾー」とファーストネームで声をかけた。店の関係者によると、2人はカウンターに並び、中トロの刺し身や12~13貫のすしを食べたという。和やかな雰囲気だったという。
 店を出る際に記者団から感想を求められたオバマ氏は、「エクセレント(すばらしい)」と話し、右手の親指を立てて見せた。オバマ氏はすし好きで知られ、2014年に来日した際も安倍首相は銀座の別のすし店「すきやばし次郎」でもてなしている。(朝日新聞)


 オバマが大統領在任中、安倍とはウマが合わないことは有名でした。思想的な面で相容れないだけでなく、オバマは黒人ながらハーバード出身のエリートで、お勉強がよくできたが、安倍はその対極にあって、妙な学力コンプレックスを抱えていたからです(同じようなエスカレーター進学でも、勉強熱心な小泉進次郎にはそれがなさそうなのは幸いです)。オバマも、しかし、自慢のオバマ・ケアは反対派の謀略によって骨抜きにされ、国際政治では優柔不断ばかりが目立ち、何ら見るべきところがなかった。経済政策でも「相も変らぬウォールストリート政権」と批判され、ドローンによる民間人殺害なんていう妙なところで有名になっただけでした。僕は「チェンジ!」を唱えて彼が大統領になったとき、暗殺を本気で心配しましたが、すぐに杞憂だとわかった。今のアメリカは大統領が変わる程度では変わらないなと、「影の権力」の大きさを改めて強く印象づけられただけでした。

 そのオバマも今は気楽な身分です。対する安倍は森友問題で崖っぷちに立たされていて、「リベラル派のアメリカ前大統領」との「仲の良さ」をアピールして見せることで、「印象操作」(これは安倍が自分を批判するメディアを非難する際、よく使う言葉です)を狙ったものでしょう。夫婦して「教育勅語教育」に肩入れするような極右ではオバマと合うわけはないが、だからこそ今のこの時期には利用価値があるのです。

 そのオバマは、しかし、次のようなことを語ったとか。共同通信の記事です。

 オバマ前米大統領が25日、東京都内で対話イベントに出席した。任期を振り返り「あえて反対意見に耳を傾けるようにしていた」と強調、賛成者で周りを固めるのは「危険だ」と述べ、名指しは避けつつも政権高官の更迭を繰り返すトランプ大統領を暗に批判した。自身が取り組んだ核軍縮について「将来の世代を守るためにも今、種をまくべきだ」と訴えた。
 NPO主催の「世界オピニオン・リーダーズ・サミット」で登壇したオバマ氏は、米国の現状に関し「人々は自分の世界観に合ったニュースを選ぶようになり、偏っている」と指摘。客観的な事実に基づき議論すべきだと呼び掛けた。(共同)


 これは「トランプ政権批判」であるのと同時に、「安倍政権批判」でもあるでしょう。トランプと較べればそのやり口はまだしも“洗練”されているとはいえ、「賛成者で周りを固める」ことにばかり、安倍政権は血道を上げてきたからです(マスコミ報道をフェイク呼ばわりするのも二人は同じ)。NHKの会長・経営委員や、各種諮問委員会の類のお手盛りの偏った人選から、高級官僚の人事権を一手に握って、省庁に「忖度行政」を行き渡らせることまで、ここまで公正を無視した露骨なことをやる総理大臣は戦後存在しなかった。それで官僚の露骨な虚偽答弁から、果ては公文書の改竄にまで事は発展したわけで、今回の事件は「起きるべくして起きた」ことだったのです。折も折、前川前事務次官の名古屋市の公立中学での「授業」にまで文科省を使って「問い合わせ」という名のいやがらせをしたのはまずかったが、それも頭の悪い安倍の子分議員が親分の意を「忖度」してやったことで、元はといえば全部彼の体質から出たことなのです。

 オバマの「あえて反対意見に耳を傾けるようにしていた」は、彼の優柔不断の言い訳のようにも聞こえますが、反対を許容しつつ、明確な意思決定を行うというのは大きな組織、とくに国家レベルでは困難なことでしょう。古代ギリシャ、アテナイの政治家ペリクレスは反対意見を許容するその度量の大きさと演説の説得力で有名でしたが、そういう大人物でも今なら苦労するはずです。しかし、今は、そうした困難の増大とは裏腹に、政治家は小粒化し、アメリカでも日本でも、国民のフラストレーションの果てに、トランプや安倍のような無教養で狭量、生まれつきの嘘つきとしか思えないようなサイコパス的幼児人格者を国家のリーダーに選んでしまう羽目になった。本当の「政治の闇」はそこにあるのかも知れません。

前川氏授業、文科省「照会」議員が判明

2018.03.20.12:20

 前々回記事の続報です。やはり毎日新聞の記事。

市教委への質問、添削も 自民文科部会の幹部

 文科省に照会したのは自民党文科部会長代理の池田佳隆衆院議員(比例東海)で、市教委への質問項目の添削もしていたことが取材で明らかになった。文科部会長を務める赤池誠章参院議員(比例代表)が文科省に照会していたことも判明した。

「添削」までして下さったというのが素晴らしいところで、だから前に書いたようなアホな問い合わせ文になったので、あれは文科省官僚の「痴性」を示すものではなく、池田・赤石議員両名の「痴性」を表わすものだったのです。

 彼ら両名はあのやんごとなき「日本会議」に所属する議員で、「神道政治連盟国会議員懇談会」というのにも入っている。これはあの安倍お気に入りの網タイツの稲田朋美・元防衛相なんかも同じだった気がするので、お粗末の連続ゆえに「首相の後継者」どころではなくなったのですが、今の自民議員の大方は、この二つに加盟しているらしいので恐ろしい(調べてみると、次期総理候補の石破茂や岸田文雄なんかもこの両方に入っています)。

 今の自民党議員の多くが「気分は戦前」になるのも無理はないという気がするのですが、果たしてと言うべきか、「19日の参院予算委員会の集中審議で、安倍晋三首相は『今後とも文科省で法令に基づきしっかり対応してもらう』と述べ、市教委への問い合わせに問題はなかったとの認識を示した」そうで、それが「権力を悪用した卑劣な恫喝」であるという自覚は全くないのです。

 むろん、これは驚くには値しないので、あのアホはこれまでもつねにそういう手を使ってきたのです(証拠はごまんとある)。それで子分たちも自然にそれを見習うようになって、似たようなことが頻発するようになった。ヤンキー政治とはよく言ったもので、法令や規則の本来の趣旨なんてものは一顧だにしない幼稚な連中のやりたい放題になったのです(石破や岸田の場合、そこらへんはちゃんと勉強しているので、わかっていると思いますが)。

 哀れなのはお役人たちです。今度の件でも、「それはちょっと無理筋ではありませんか?」「何が無理筋だ! 国会議員のオレ様がやれと言っているのに、何で言うことが聞けんのだ!」というようなやりとりの末に、文科省はやむなく「問い合わせ」したのでしょう。それでいて、事が問題視されるようになると、「自分たちの判断でやりました」と言わねばならないのです。屈辱が二重三重になる。「やかましい! おまえらごとき頭の悪い太鼓持ちの三流議員のたわごとなんぞ相手にしてられるか!」とは言えないのです。ほんとはそう言いたいでしょうが。

 とにかく、かくのごときが「安倍政治の成果」なのです。これは唯一明白な「成果」であって、法制度も官僚組織も、安倍はすっかり腐らせてしまった。何度でも言いますが、それでいいのか、ということです。

安倍の茶坊主の珍妙なアシスト

2018.03.19.23:24

 安倍政権の断末魔ぶりが日を追って募っているようです。

「安倍政権窮地へ意図的に変な答弁では」〔毎日新聞〕

 他にもたくさん同じ件についての批判記事が出ていますが、「茶坊主」という言葉はこの自民議員のためにあるようなものです。ふつうは泥舟と心中するようなこういう露骨な真似はしないもので、まだ安倍にゴマをすっておけば得をすると思っているのでしょうか? にわかには信じがたいので、どんな男なのか、調べてみました。次はウィキペディアの記事です。

和田政宗

 いかにも節操がなさそうな政治家としての経歴(極右としては一貫している?)ですが、そこらのチンピラでももう少しはマシな難癖をつけます。これで「男が上がる」と思ったのかもしれませんが、安倍の子分筋のタチの悪さがあらためて印象づけられるだけで、風圧が強まるのみ。安倍自身がこれには閉口するはずで、女房も子分も最悪なのが揃っているのです。時間の問題で、支持率は20%台に突入でしょう。

 尤も、安倍自身がまだ文書改竄に関して、珍妙な答弁を重ねている由。

 書き換え前の文書には昭恵氏に関する記述が計5カ所あり、いずれも削除されていた。この点について首相は「(関与を否定した答弁を)ひっくり返すような記述では全くない」と指摘した。

「書き換え前の文書を見て、私や私の妻が関わったことがないのは明らかだ」と明言した。「私の妻の記述かどうかに関わりなく削除された」と説明した。自民党の青山繁晴氏への答弁。(どちらも「首相、書き換え『指示しようがない』森友集中審議」という見出しの日経記事より)


 その文書は「妻の関与」を明白に示し、だから改竄が行われたと解釈する他ない証拠を前に、没論理の言い訳を並べ立てているのです。消えた中にはタヌキに関する記述の五カ所だけでなく、イヌやネコ、ウマに関する記事もいくらかあった。だから、タヌキに関する記述を消すためにそれは行われたわけではないのであって、タヌキだけ消した場合にのみ、その批判は該当するのだ! そしてそのタヌキも、たまたまそこに名前が出てきているだけであって、文脈とは無関係なのだ! ――安倍は頑固にそう主張するのです。

 しかし、「タヌキ案件」ゆえに「特別な配慮」が必要なのだということで、そこにタヌキが再々登場していたのではなかったのか? だからこそ「破格の値引き」も行われたのでは…? ふつうはそのように理解しますが、アベ論理学では決してそのようなことにはならないのです。私がタヌキ本人にじかに確認したところ、一切関与はしていないと言った。どうして皆さんは私やタヌキ本人の言うことを信じず、木っ端役人どもが作成したこういういかがわしい文書ごときを信じるのですか? 私やタヌキが嘘つきだと、まさかそう思っているのではないでしょうね?

 はい、悪いけど、思ってます。そしてこんな程度の低い嘘つきに国の舵取りを委ねるのはもういい加減にしたいと、思うようになったのです。

プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR