FC2ブログ

タイトル画像

国立二次の個別試験は実施すべき(付:二階政治の害毒について)

2021.01.23(17:20) 798

 あれはちゃんとやった方がいいだろと思います。若い子は無症状または軽症で済むケースがほとんどだし、あの「考える力」とはあまり関係なさそうな浅薄な共通テストと高校の内申だけで決まるとすれば、それは受験生にとっては酷なことだし、大学側も満足な入学者選定ができなくなってしまうでしょう。地方の受験生がコロナ感染して戻ってきて、家庭内感染→地域感染拡大となってしまう可能性はありますが、元はと言えば、自公政権が、菅と二階が、感染が全然収束したわけではないのに、順序無視のゴーツーイート&トラベルなんて手前味噌の愚策を始めて、やめ時も知らず、逆に感染拡大を煽るようなことをやらかしたのが悪かったわけで、これは全面的に彼らの責任です。物見遊山で旅行に行くのと、受験のために旅行するのとは違う。今の日本政治の馬鹿なところは、コロナ感染が拡大するとこういう問題も出てくるのは当然(受験関係者は早い時期からその心配をしていた)なのに、事前にそういうことは何も考えていなかったことで、安易そのものです。この際だから、菅と二階をコロナに感染させて、それをたっぷり味合わせてやったらどうかと思うくらいです(ついでに麻生あたりも)。うまくすれば、そのまま……でしょう。そうすると老害政治家が減って、日本社会にも明るい光が差す。

 ちなみに、今回の新共通テストでは、珍しく「得点調整」が行われることになったようです。端的に言えば、作問に失敗したのです。

公民、理科で得点調整 15年以来、最大9点加点―初の共通テスト

 これ、安倍政権が余計なことをせず、そのままセンター試験を継続していれば、おそらくこういう面倒なことにはならなかったでしょう。試行テストなんてものをやって、その成績データを元に「調整」をやったつもりが、匙加減を間違えて、かかる結果になったものと考えられるからです(英語の問題を見てつくづく思いましたが、全体に作問能力自体が低すぎる。一体何を基準に問題作成者を選んでいるのかと思います)。余計な「改悪」を企てて、受験生に迷惑が及ぶことになってしまったかたちです。

 あのオリンピック誘致にしても同じですが、いらない入試制度いじりにゴーツーと、政治が本来為すべきことをやらず、余計なことばかりするから、かえって社会の多方面に悪影響が及ぶのです。今の日本の政治家というのは責任を取らされることがなくて、ほんとに楽な商売です。国会議員一人養うのにトータルで年間一億円かかっているそうですが、それで逆に社会を害するようなことをしでかすとなれば、税金の無駄づかいと呼ぶだけでは足りない。成果がゼロならまだしも、先見の明が全くない、積極的にマイナスをつくり出すような愚策の連発をやらかす連中を税金で養っていることになるのですから。聞くところによれば、官僚たちも無能な議員たちのために答弁を書かされたり、「サルでもわかる」彼ら用の文書作成とレクチャーで多忙を極め、長時間労働と過労によって本来の仕事ができなくなっているとのこと。おまけに彼らの大半は国会会期中、夜の会食に備えて「英気を養う」ためなのかどうか、居眠りばかりしているのです。地方議会の議員にもロクなのがいないので、そういうのを全部“処分”すれば、税金の有効活用もできて、社会は大いに活性化するでしょう。政治家どもが社会の足を引っ張っている。文明が滅亡するときはたいてい似たようなことが起きているので、今の議員先生たちは教養がなくて、過去の歴史も知らないから、そのあたりのこともご存じないのです。こうした点、僕ら一般有権者はもっと危機感をもつべきでしょう(ついでに言うと、こういうことに過去の学歴はほとんど無関係です。権力に溺れる人間は知性・品性共にかぎりなく低下するものだからです。元はいくらか賢かった人間も馬鹿になり、元から馬鹿だったのはさらに馬鹿になるという恐るべき“政治的慣性の法則”がそこには作用しているかのようです)。

 話を大学の個別試験に戻して、僕の見るところ、概して二次試験の方はまともで、それぞれの大学の先生たちがかなり気合を入れて入試問題を作っているから、受験生の学力の質を吟味する上ではそれは有効で、受験生の多くはそこで勝負するつもりで勉強も頑張ってきたわけです。だからちゃんと受けさせてやってほしいと思います。仮に結果としてそれが感染拡大の一因になったとしても、全面的に悪いのは今の政権で、とくに菅や二階です。大学側の責任が問われるべきではない。

 そこははっきりさせておくべきだと思うので、感染拡大の暁には、彼らの無責任な政策で被害をこうむったということで、国民が菅や二階相手に「これは人災だ!」として損害賠償の民事訴訟を起こすのもありではないかと、僕は思うほどです。受験生たちは「センター試験の共通テストへの改悪によって各種の混乱が生じて、深い精神的ダメージを受けた」ということで、安倍前総理や、当時の文科相だった下村博文個人を相手取って集団で慰謝料請求するのもよし。そしたら彼らは自己破産に追い込まれて、国会議員たちは「いい加減なことをしていたら、次の選挙で落選するだけでなく、身ぐるみはがされてしまう羽目になる」と知って、もう少し気を引き締めてマシな政策選定をするようになることも期待できるでしょう。いい考えではありませんか?

 ついでにもう少し。二階は今月19日放映のNHKの「クローズアップ現代+」の単独インタビューで、政府のコロナ対策が評価されていないという指摘に対し、不満げにこう反論したという話です。

 みんな、やり場のないイライラですよ。だからそういうことを言うんです。それじゃ、他の政党が何ができますか。他の政治家が、何ができますか。今、全力を尽くしてやっているんじゃないですか。いちいちそんな、ケチをつけるものじゃないですよ。

 このじさまは、根本的なことが理解できていないようで、その「やり場のないイライラ」をつくり出しているのはコロナそのものというより、二階と、その操り人形じみた菅政権のピンボケ対策がもたらしている政治の停滞なのです(12月に発表された政府の経済対策は「コロナ感染拡大防止に5.9兆円、国土強靭化に5.6兆円、コロナ後の経済構造転換に18.4兆円」という不可解なものだったのです。「国土強靭化」なるものの費用がコロナ感染防止対策とほぼ同額というあたり、いかにも「二階予算」らしいので、彼が誰の方を向いて「全力を尽くして」いるのか、よくわかろうというものです)。

 それでこの二階、今の日本では最も不人気な政治家ですが、彼の選挙区は和歌山3区(僕の郷里もその中に含まれる)で、長くそこに居座っているので、全国的にはどんなに不人気でも、野党が統一候補として魅力的な候補者を擁立しないかぎり、組織票だけで当選してしまう。今のところ二階を確実に落選させる最も手堅い方法は、選挙区が重なる参院の世耕弘成がいったん自民党を離党して無所属で立つことです。「世耕の方がずっといい」と思っている人が大半なので、二階は組織票を必死に動員しても、元々が消極的な支持でしかないので、裏切りが相次いで落選するでしょう。世耕氏はそうやって二階を追い払った後、堂々と自民党に復党すればいいのですが、そうなると二階は依然派閥の長ではあるので、「復讐の鬼」と化して色々えげつないことを仕掛けるでしょう。あれはそういう男なのです。しかし、そういうのを全部暴露してやれば、二階は自ら墓穴を掘る。

 二階は息子に「世襲」させるつもりなので、自分が引いて自民の公認候補として世耕弘成が立つことを容認することはないでしょう。自分の引退後は息子を公認候補として党に認めさせるつもりなのです。これ、全くの私利私欲に基づいて彼が政治家稼業をやっている何よりの証拠なのですが、今見たやり方を世耕氏が選択すれば、二階を落選させることはほぼ確実にできるのです。それが無理なら、野党の強力な統一候補しかない。二階は実のところ、地元でも利益供与を受ける一部の業界人以外には著しく不人気なので、きちんとした統一候補なら勝てると思います。野党はそのあたり、よく検討すべきです。このいずれかをやって二階を政界から追い払ってくれないかなと思うのは、僕だけではないでしょう(ついでに言うと、公職選挙法違反で参院議員の河井案里に懲役1年4ヵ月、執行猶予5年の一審有罪判決が下りましたが、「買収しろ」と言わんばかりに、彼女に相場の10倍の1億5千万を選挙資金としてポンと与えたのも菅+二階コンビがやったことらしいので、やることが一々素晴らしすぎます)。

スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


<<菅政権の「念力政治」について | ホームへ | 韓国・文在寅の支離滅裂>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koledewa.blog57.fc2.com/tb.php/798-4ffa9654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)