FC2ブログ

タイトル画像

「堕ちたトランプ」に迫る菅政権の支持率

2021.01.16(22:30) 795

 今日は「大学入試共通テスト」なるものの初日で、英語の問題がネットに出たらセンターの頃と同じように自分で解いてみようとスタンバイしているのですが、それまで少し時間があるので、先にこちらを。次は時事通信配信のニュースです。

【ワシントン時事】米調査会社ピュー・リサーチ・センターは15日、トランプ大統領の支持率が就任後初めて3割を切り29%になったとする世論調査結果を発表した。弾劾訴追につながった6日の支持者による議会襲撃で暴力をあおったと非難され、保守の支持層が離反したとみられる。

 調査は、議会襲撃後の8~12日に実施。この4年間、トランプ氏の支持率は36~45%で比較的安定して推移していたが、大統領選後初めてとなった今回の調査で、前回昨年8月から9ポイント激減した。

 特に共和党支持層では、77%あった支持率が60%に下落した。全体の75%が議会襲撃についてトランプ氏に何らかの「責任がある」とし、68%が「政界にとどまってほしくない」と回答した。


 お次は、毎日新聞の最新世論調査の結果についての記事。

菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

 この前、「今度世論調査をやったら3割を切るのではないか?」と書きましたが、かろうじて3割は維持しているわけです。しかし、不支持との差が24%もあるので、菅政権はほとんどパニック状態でしょう(おまけに政党支持率まで5%も下がっているので、他の自民議員たちも「今度の選挙で殺される!」と焦るはず)。あの弾劾決議のトランプに僅か3%差に迫っているので、なかなかにすごい数字です。言語道断のあの学術会議新会員任命拒否事件以来、「こんな夜郎自大で危険かつ陰湿な政権はない」と明確な敵視のスタンスを取ってきた僕には喜ばしく思われるのですが、まさかここまで無能で優柔不断とは思わなかったので、その点はびっくりです。「有能な実務政治家」というのは、彼と癒着したマスコミ政治部の記者がヨイショして広めた虚像にすぎなかったことが誰の目にも明らかとなった(彼の毎度のあの眠たい「やらせ記者会見」には皆呆れているので、あれ自体が「国家の恥」です)。

 一部の「お友達」(ゴーツーで恩恵を受けた面々)を除けば、経済界からもそっぽを向かれてしまったようです。

菅政権の経済政策に専門家から批判殺到 トヨタ社長もダメ出し

 世論調査ではそんな質問は「不適切」とされて、できないでしょうが、質問項目に、「菅総理には早く二階と一緒に政界を引退してほしい」というのを入れていたら、「強くそう思う」と「かなりそう思う」を含めれば、楽に7割ぐらいは行ったのではないでしょうか?(むろん、その際、自分の息子や子分を代わりに立候補させるのはやめていただくとして)。

 どう見ても支持率アップにつながりそうな材料はないことからして、このまま総選挙になだれ込めば、自民は議席を激減させることになるでしょう。その方が国民のためにはなるかなという気がします。何考えてるのかわからないようないい加減なコロナ対策(経済対策含めて)を見てもわかるように、何の将来ヴィジョンもない古くさい利権政治から早く抜け出してもらわないと、コロナでこけて、そのまま日本は発展途上国以下の貧しく、活力のない社会に後退してしまいかねない。いい意味での政治家の「血の入れ替え」をはからないと、日本はこのまま駄目になってしまうのではないでしょうか?

スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


<<皮相浅薄で幼稚な「低級パズル脳」学生を今の大学は求めているとでも言うのか?~新大学共通テストのどうしようもなさ | ホームへ | トランプ騒乱にとどめを刺すシュワルツェネッガーのスピーチ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koledewa.blog57.fc2.com/tb.php/795-f858c079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)