FC2ブログ

タイトル画像

アベ&スガちゃんから「イブの贈り物」

2020.12.25(00:59) 788

「いらんわい、そんな気色悪いもん!」

 という声が飛んできそうですが、仕事から帰って来て夜遅くパソコンをつけたら、次のようなニュース記事が…。

前首相会見受け…菅首相、国会答弁を謝罪

 気のせいか、ガースーは何か嬉しげですね。これはアベちゃんの問題で、私は「騙された」だけだし、騙された私は悪くないのに、こういうふうに素直に謝罪するなんて、私が正直・誠実であることがよくわかるでしょ、というアピールになるから、というのと、支持率の“爆下げ”で、安倍前総理再々登板の声も出る中、その可能性を潰すのにうってつけなこの事件は喜ばずにはいられない、というところがありありで、ついつい表情が緩んでしまうのを防ぐことができない、というのが適切な見立てでしょう。で、アベちゃんの方は――

「国民からの信頼を回復するために、あらゆる努力を行っていきたい」安倍前総理が会見

 というわけで、「深く深く反省する」「深く深くお詫び申し上げたい」と、「母の愛は海よりも深い」などと言われますが、「深く深く」と二度重ねして、その「反省」「お詫び」がどれほど「深い」ものであるかを強調しようとしたのです。その結果、彼のいつもの言葉の軽さと、全然反省なんかしていないことがあらためて強く印象づけられる羽目になってしまった。さすが、あのアッキーの夫だけのことはあるなと、妙な具合に感心してしまいました。

 ふつうの計算能力さえあれば、会費をいくら取ってこういうホテルに泊めてパーティに出席させて…ということで計算すれば、収支が合わないことぐらい、秘書に聞く以前にわかるでしょう。だから「知らなかった」のではない、「知らないことにしろ」と秘書に言っていたのと同じなのです。ガースーにしても、問題が発覚した時点で、誰に確認するまでもなく、それが嘘だということは察しがついていたでしょう。それを、今頃「真実を知って驚いています」なんて、よくも恥ずかしげもなく言えたものです。若い娘がカマトトぶっても、男どもは「可愛いからまあいいか」ということで許してしまうものですが、安倍と菅の場合、「えっ、あれは間違いだったんですか? 私は嘘をついたんじゃなくて、気づかなかっただけなんです」なんていくら言い訳しても、ひたすら気持ちが悪いだけです。おまえら、一体いくつなんだ? ただの小汚い嘘つきじいさんだろうが。

 何でもいいから、もうおまえら国会議員を引退しろ。ついでに二階と麻生の老害政治屋も連れて行け。おまえらがロクでもなくて、利権政治の守護者として以外、政治家としての能力もないことはこれまでやってきたことを見て、よくわかっている。国会議員限定の老人ホームでも作って、そこで死ぬまで下らない駆け引きをやって「政局ゲーム」というのに明け暮れているがいい。そしたら社会に害は及ばない。

 僕が言いたいことは以上です。アッキーふうに言えば、「そうなることを祈ります」。よりにもよってクリスマスイブに、揃って下らない会見なんかやるんじゃない。今夜は先に食事を済ませてきたからよかったものの、飯がまずくなるところでした。

スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


<<言い得て妙「スガは安倍家の生ゴミのバケツのふた」 | ホームへ | なぜ中国政府に直接抗議しない?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koledewa.blog57.fc2.com/tb.php/788-911db451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)