FC2ブログ

タイトル画像

偏執狂のブログ荒らしへの最後通牒

2020.04.10(03:29) 710

 世の中はコロナで右往左往させられているというのに、全く別世界にいるかのように、自分が固執する問題にのみ拘泥して、とんでもない糞コメントを寄せる馬鹿者がいます。だいぶ前に僕はここに「傍迷惑な抗議者について」と題して書いたことがあります(今年1月末)。「延岡の高校」コーナーをクリックされれば、今回これが先頭に来るかもしれませんが、その次に出てくるはずです。あのときは入試戦線真っただ中の忙しいときに、おかしなことを続けざま書いて寄越して、煩わしいのを我慢して消し続けていたのですが、「何じゃこれは?」と思うことが起き、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまったのです。

 経緯はそちらを読んでいただくとわかりますが、こちらはもうすっかり忘れていたのに、2ヶ月以上もたった今、突然深夜に罵詈雑言・脅迫のコメントが来て、びっくり仰天させられました。呆れ果てて、ブログの品位に関わるのですぐ消しましたが、「種明かしをしてやる!」と題した次のような投稿が深夜零時過ぎに送られてきたのです。当人には文章読解力が全くないようなので、書いても理解されるかどうかわかりませんが、ここに載せた二つの後には、「クソじじい、消すなよ!」という短文コメントまで入っていたので、そうすると品位を保ちつつ撃退する方法はただ一つ、本文に取り込んで、正常な文章で囲み、害毒を弱めつつ、きっちり答えてやることだけです。省略せず、全文を載せておきます。青字の部分がそれです。

※ これはゆうべの夜中のものですが、今夜も12時を過ぎてから同じような糞コメントが5つも立て続けに入っていて、ブラックリストに載せたら、アドレスを変えたらしく、しつこくまた書いてきたのです。むろん、同じ人間ですよ。完全にイカれているので、今後も続くようなら警察沙汰にするしかありません。実のところ、僕は様子を見てこれを載せるかどうかを決めようと思っていました。妄想をたくましくしているうちに一時的に頭に血がのぼりすぎてこんなものを書いたのだとしたら、本人が後で後悔するだろう。その場合は叩くとかわいそうだと思ったからです。が、そんな配慮は全く必要ないのをこの連続糞コメントで確認したので、昼間書いたものをそのまま掲載することにしました(本人に言っときますが、最後まで読めよ!)。

コメントをどうぞ
種明かしをしてやる!
先ず放射能教師の話だが俺が放射能教師をこのブログで知って電話で宮崎県教育委員会や宮崎県人権事務局や延岡人権事務局0982332179に訴えて放射能教師は大人しくなった!彼とは教育実習で知り合った仲だから多分、彼だろうと思った!放射能教師は大人しくなっただろうが!


 意味が著しく不明確で、「彼」が誰を指すのかも明確ではありませんが、そこは適当に解釈するとして、これはかなり大昔の話です。その上で、そういう事実はなかったとはっきり言っておくべきでしょう。あの「放射能教師」の問題が完全に消えたのは、彼が転勤していなくなったからですよ(それもあの発言から何年もたってから)。彼はその後も、東大以外は大学ではないようなことを言って(自分は駅弁大卒なのに)生徒を憤慨させたり、さらにその後は「模試で日曜が潰されなくなったのは、オレが言ったおかげだ」と生徒に恩着せがましく自慢していたりしていたので、それでは「改心」したとは言えないでしょう。そもそも、生徒を放射能呼ばわりして、そういう情報が外に出れば、あまりにも非常識なので県教委から学校に注意が行くに決まっている。君の自慢にはだから、何ら根拠がないわけです。その放射能教師が模試の件を自分の手柄にしていたのと同じです(あの模試の件は当時の段校長の意向が反映したものと僕は見ています。あの校長の時代にいい方向に事が動き始めた。ほんとはあれでもまだ不十分で、金曜の午後を全部模試に当てるなどすれば、土曜にあんなに多くの科目を詰め込む必要がなくなってよいのですが)。

俺は教員免許更新講習が終了して返信するが、貴方と公明党議員を携帯電話で繋いだ事を、覚えているか?

 それは覚えていますが、だから何なわけ? いきなり電話してきて、勝手に「電話を代わりますから」と言って、相手をさせられ、その議員も困惑気味でしたが、「こちらに事前に連絡の上、来ていただければ詳しい話をしますよ」と言ったが、それきりだった。あのとき僕が思ったのは、こういう妙な騒ぎ方をする連中と組んでいいのかという逡巡がその議員にはあるのではないかということでした。その公明党議員がこのコメントを見れば、「やっぱり…」と思うでしょう。

貴方が延岡高校の物理教師(間違いなく○○)が課外で教科書進行していると情報を提供したから公明党議員が課外の苦情を訴えた! 

 だから、それが余計なんだって。○○のところは実名が書かれていますが、人権感覚ゼロで、公開コメントに平気でそれを書くこういう無神経さもビョーキ以外の何ものでもありませんが、全部この伝なのです。これはいつのことなのか、それも明示されていないのでわかりませんが、しばらく前のことなら、生徒たちはそういうことをやられると自分がチクったと思われるから、書かないでほしいと僕に言ったので、君みたいな順序もやり方もわきまえないのがいるから、情報もかえって出しづらくなるわけ(だからあれでは「理科系科目」と書いたはず)。ほぼ全員が受講しているなら、弊害はほとんどないから、この前書いたとおり、別に目くじら立てる気は僕にはなかった。それで範囲が終わらなかったり、演習の時間がとれなくなる方が生徒には実質的にマイナスになる。生徒たち自身がそう受け止めているなら、タテマエよりそちらの方を尊重すべきでしょう。

公明党議員が宮崎県議会で訴えた内容は、課外で生徒が苦しんでいると述べた内容だった!
2015年1月あたり俺は公明党議員が述べた内容を情報開示センターで大量コピーして宮崎市内や延岡市内でコピー内容を配りまくった!
延岡高校の課外不受講願も間違いなくコピー内容を俺が配りまくったからだ!


 また脈絡なく話が飛んでいますが、この前は2018年の抗議行動がどうのという話だったよね? それで、「行動が実を結んだのです!」と自慢していた。それに対して、僕は形式的には選択制は延岡高校では16年からだと言った。それで具合が悪くなったので、今度は「2015年1月あたり」に時間を遡らせたわけだ。テキトーな思いつきで物を言うなよ。

 何にせよ、こういうのは県教委と学校だけが知っている話なので、自分勝手な憶測にすぎない。そもそもの話、課外は九州地区全体の問題で、2016年11月5日放送の「マツコ会議」でもこれが取り上げられて話題になったという話は前にここにも書いたし、ウィキペディアの「朝課外」にも出ている。お隣の大分ではトップの上野丘がそれを廃止したと教えてくれた読者もいる。「朝課外廃止」で検索すれば、福岡県の八幡高校も去年から廃止したのがわかる。君は他県にも遠征して、大活躍なさっているのですか? こういう変化は大きな流れの中で起きているので、君のコピー配りのおかげだと思っている人は君以外にはいないでしょう。そういうのを誇大妄想という。君は前にここで指摘した女子生徒に対するストーカーまがいの自分の迷惑行為には全く触れていないが、そういう「活動」をする人間を信用する者はまずいない。保護者との電話内容をボイスレコーダーに無断で録音して、それをもってその保護者の子供がげんに在籍する高校と県教委に抗議に行くなんてのも同様。非常識極まりないのでやめろと言っているのに、君は懲りた様子もなく、またぞろこんな下劣きわまりないコメントを書いて寄越すわけだ。県教委も「何をしでかすかわからない」という意味では君に警戒しているだろうが、それはモンスター・クレイマーを相手にするときのそれで、手強いから恐れられているというのとは性質が全く違うでしょう。

宮崎市内の塾長は貴方のブログを見て「大野君は塾生が苦しんでいるのにネットで叫んでいるだけ!行動なんにもしないじゃん!俺は今現在、宮西塾予備校説明会で宮西塾生が居眠りしている事を講義しているよ」と言ってます!
私は11月に行われた延岡高校塾予備校説明会に聖心ウルスラ高校の仕事終了後に、駆け付けて延岡高校に延岡高校生がフェイスブックやtwitterで課外で授業進行している事実や苦情を訴えました!


 相変わらず誤字が多いが(「講義」は「抗議」でしょう)、別に僕は「ネットで叫んで」なんかいませんよ。そういうところは全く読んでいないか、読んでも理解していないのだろうが、課外に関しては、前にも書いたように、すでに生徒側にボールは渡っている。受講・不受講は生徒が選択できるようになっているのだから。3年に関しては、朝課外と夕課外を別にして、朝課外は受けないが、夕課外は受ける、という選択を可能にしてもらう必要性はある。そういうことはここにもすでに書いているので、いずれ検討されることになるでしょう。

 高校生は小中学生とは違うのだから、自分で責任ある行動が取れるはずです。不受講届を出したら、呼び出されて撤回させられるということは、僕の知るかぎり、延岡高校ではもうなくなっている。つまり、それは最初のタテマエだけの「不受講届」ではなくなっているということです。こんなものいらない、と思えば、不受講にマルを付けて出せばいいわけです。課外なしで自分でやるのは不安だというので課外を受講し続ける生徒が大多数になっているという場合、それは外野がとやかく言うことではない。そうしながら、生徒が不満を言っているというのなら、それは彼ら自身の中に矛盾があるということです。それは彼ら自身の問題でしょう。「課外を受講しないなら、オレはそこで平常授業の続きをするから、覚えとけよ!」と、君がここで言っているような口調で事前に生徒に脅しをかけるなら、それは教師が悪い。しかし、僕はそんな話、延岡高校の生徒からは聞いてませんよ。今後、仮に不受講が多くなれば、平常授業の続きをそこで行うことは困難になる。それが自然な流れです。

何故、貴方は早朝課外の弊害を俺に対して胸ぐら掴むぐらい文句を行って延岡高校校長の宮野原には何にも言わないの?
貴方は弱虫ネット弁慶で吠えてるだけ!


 僕が君に怒ったのは、女子生徒につきまとってストーカーみたいな行動までしていると知ったからですよ。だから、おまえはアホかと言った。げんに君はそうした行いを知る生徒たちには変質者と見られているのだ。その前にいい加減にしろと言ったのも、星雲のPTA会長相手に馬鹿げた抗議行動をしたと君自身から聞いたからです。それを忘れてもらっては困るね。君に対して、課外のことで文句を言うなんて無意味なことをしたことはないので、話をすり替えないようにしてもらいたいものです。延岡高校の校長はストーカーなんかやってませんからね。そんな非常識行為をするのは君だけで、ここにとんでもない迷惑コメントを寄せているのもげんに君だけです。

 このあとすぐ、また彼は次のようなコメントを書き込みました。その異常さは一段とエスカレートする。

俺の課外廃止の目的を分かりやすく伝えてやる!
俺は宮崎第一や聖心ウルスラ高校で課外をしたが生徒は遅刻や欠席は当然!
俺はウルスラ高校で早朝課外開始15分前に来て教壇に立ち先に板書していたが早く来た分の時給は出ない!しかし生徒から「貴方は教師の鑑だ!教師の中には教師が遅刻して知らん振りしてる奴いるから」と言われました!
俺は嬉しかった反面、早朝課外や課外そのものに教師もヤル気を失って課外をする事に意味があるのか?と思っていると感じました!


 だったら、「校内課外廃止運動」でもやってコンセンサスを形成すればいいでしょう。しかし、文句は言っても、人を説得したり、集団をまとめたりする力はまるでない。僕のところに来て自分の言い分が認められないと愚痴をこぼすだけで、そのまま講師契約打ち切りで終わってしまったわけでしょう(そもそもの話、そんなにしつこく憤り続けるのなら、初めから朝課外がない高校の教師になればいいわけです。教員免許は全国共通なのだから、ない県に行って就職することはできるはずです)。

今現在、俺は宮崎第一から聖心ウルスラまた今現在はマンモス校で特進科を担当しますが、やはり課外補習に疑問を持つ生徒は沢山いる!
俺は貴方と違い学校に対して物言う教師ですからハッキリ言ってます!
貴方は学習塾で講師していたそうですが、学習塾に不満あったら面と向かって学習塾経営に言いましたか?俺は宮崎第一校の教頭や校長や教科主任にも「塾予備校通い生徒やスタディサプリ使用者に課外強要や課外脅迫でなくて棲み分けしたらどうですか?」とハッキリ言いました!
貴方はネットやブログで吠えてるだけ!


 僕が前に長くやっていたのは塾の講師ではなく管理職(3ヶ月でスピード出世した)で、かつ塾長に運営を丸投げされていたので、大方のことは自分で決めていましたよ。本部から指示が来ても、おかしなものは受け付けなかった。だから君のように、自分の言うことが全く通らないというような不満は何もなかったわけです(むろん、クビになって辞めたわけではない)。今は自分でやってるからなおさら。何をわけのわからないこと言ってるわけ?

私は面と向かってハッキリ言いました!
私は課外廃止によって自分自身が教師するならば時間を有効活用したい!
または延岡市内で予備校設立を考えてますから、宮崎市内の学習塾塾長と提携する話をしてます!
宮崎市内の学習塾塾長が休みの時に俺が経営する予備校に宮崎市内の学習塾塾長が来て授業をして貰い俺が休みの時に宮崎市内の学習塾塾長の所に加勢して行く形態を模索している!


 日本語が相変わらずだが、こんな短い文章もまともに書けなくて何とする。それはともかく、塾開業云々は勝手にやればいいわけですよ。それは自由にできる社会なのだから。

延岡や宮崎市内で塾予備校経営するならば課外は邪魔だ!
課外が無ければ生徒は沢山来る!
課外を廃止したら予備校を延岡に設立して貴方の塾や昴をぶっ潰す!


 そういうのだから、君は人に信用してもらえないのですよ。前にも言ったことがあるけど、「塾には学校の課外が邪魔だから」というのは、生徒より塾都合の話でしょ。仮に学校の課外が素晴らしかったとして(そうは思っていませんが)、それを潰して皆が塾に行くようになれば(これまた、それは疑わしいが)、課外費より塾費用の方がずっと高いから、保護者にとっては負担が増えるわけです。しかし、塾としてはその方が好都合で儲かるから、課外反対をやってます、では、説得力はなくなる。僕が課外についての異議をここに書き始めたのはずっと前です。その頃は誰も表立って異議を唱える人はいなかったわけです。それから何年もたって、君のような人間がそれをダシに騒ぎ始めた。しかもおかしな具合に、です。

 僕があれを書き始めたのは、生徒がかわいそうだと思ったからです。星雲なんかは当時とくにひどかった。当時は課外は完全な強制だったから、生徒たちにはどうしようもなかった。塾商売に邪魔だからという動機で書き始めたのではない。おまけにわけのわからない宿題やら罰則がどっさりあって、完全な人権蹂躙です。それを黙って見過ごすわけにはいかない。塾商売で学校を敵に回すのは得策ではないのを承知で書いたので、その記事はだいぶ時間がたってから、生徒の口コミで広がり出したのです。

 そしてやっとここまで来たので、それも君みたいな人間に言わせれば、「オレが活躍したからだ!」という話になってしまうのですが、そう思いたければ、勝手に思っているがいい(大体、僕は君とは違うから「オレのおかげだ!」なんて吹聴してはいないのです)。何にせよ、事態がここまでくれば、もうこちらがとやかく言うには及ばない。そう判断して黙って見ているということなのです。

宮崎市内の学習塾塾長も延岡進出を狙って俺と提携を望んでいる!
貴方よりも宮崎市内の学習塾塾長は英語講師としてリキリは上です!
宮崎市内の学習塾塾長は英検1級でバブル時代に宮崎市内に進出していた筑波ゼミナール講師でしたから貴方なんかよりも実力者ですよ!
課外廃止になったら
覚悟しろよ!


 へえー、御大層なことで、僕の「実力」を君は何を基準に判断しているわけ? 一つ予言しておきましょうか。君が延岡で塾を始めたとして、成功する可能性はきわめて低いでしょう。君の専門は世界史だと聞いたが、世界史を教わりに塾に来る生徒はほとんどいない。いや、英語はその宮崎市の塾長に頼んで、数学は有能なのを採用する。国語も、君の文章力からして無理に決まっているから、それも担当講師を雇わなければならない。しかし、そうやって講師を増やすと、かなりの人数の生徒がいないとやっていけない。自分の親が土地持ちなら、土地代なしに建物は立てられるが、それにもカネはかかる。どこかのビルを借りるなら、テナント料がいる。

 そもそもの話、塾は今や完全な斜陽産業です。地方では子供の減り方が激しいからなおさら。そして、大学のハードルは前より低くなっているから、地方の駅弁大学程度なら、塾に行かなくても合格できる(だから、今多いのは自習塾の要素が強いところです)。加えて、今はスタディサプリのような廉価なネット予備校ができている。昴まで潰すターゲットにしているということは、あそこは高校受験がメインだから、中学生も取り込んで、中高両方の生徒を顧客にしようということなのでしょう。今現在で延岡市の塾はすでに飽和状態で、廃業も続出しているのに、そこに乗り込むとなると、他をぶっ潰して、ということにならざるを得ないが、僕が延岡で塾を始めることにしたとき、第一に考えていたのは、同業者を圧迫しないようにしようということです。だから、拡大する考えが初めから全くなかった。すでに消えてしまったところもあるが、数学塾など、僕は生徒を何度も紹介したことがある(それで義理堅くも、菓子折りまでもって挨拶に見えた塾長もいた)。原則として中学生を断ってきたのも、理由の一つは中学生相手の塾はたくさんあるからです。僕は「共生思想」の持主なので、元々は関東の激戦区で塾の管理者をやっていたのだから、その種のノウハウがないわけではないが、こんなところで「戦争」をやる気はなかった。

 君は、しかし、そういう人間に宣戦布告しているわけです。そしてその理由はと言えば、自分の度の過ぎたストーカーみたいなつきまといと、非常識な行動で相手を怒らせてしまったから。それを逆恨みして、こうした愚劣なコメントを書いて寄越すのです。

 あらためて言いますが、精神科を一度受診しなさい。引用したこの文面を精神科医が見れば、完全に治療が必要なレベルだと思うでしょう(付記:今夜も夜中に5件も迷惑メールを入れ、ほうっておいたら毎晩やらかすのだろうから、治療というよりは入院が必要なレベルです。面白いから、そのままにして見ていてやろうか? そしたら通常の読者もそれに気づいて、「何だ、このきちがいは!」ということになる。それで君はすっかり有名人になって、県教委からも学校からも、生徒や保護者からも、完全な狂人扱いされることになるでしょう。それが望みなのかね?)。ここまでしつこくひどいことをしているのだから、君の名前を明かしても何ら問題はないだろうが、それではやっとありついた今の私立の講師もすぐにクビになってしまうでしょう。自業自得とはいえ、それで路頭に迷うのを見るのは忍びないと思って書かないでいるのだが、こうやって自分の前歴を不用意に書いていたら、誰なのか特定するのは容易になって、その学校の関係者がこれを読めば、「こんなのを講師に雇っていて大丈夫なのか?」と思うでしょう。それでクビになったら、また人を逆恨みするつもり? これを消すなと言ったのは君自身なのですがね。いや、延岡に塾を開いて、他塾を蹴散らすメジャーになるからそんなもの、クビになろうとどうしようとへっちゃらだって? しかし、君がこういう人間だと知って、わが子を通わせようと思う保護者がいると思うのかね? 上に書いた理由以前に、すでに君は人格面に大きな問題を抱えているのです。

 前にも言ったように、君のような人間の相手は金輪際お断りするので、そんなに自分が正義のかたまりみたいに思っているのなら、自分でブログでも立ち上げて、自信があるのならちゃんと本名も出して、そこで「活動報告」でもやればいいのです。今回はこういう抗議活動をやりました、ということをそこで逐一報告して、世に知らしめればいい。賞讃されるか、嫌悪されるか、それは知りませんが。何でそうはせず、いつまでも人にしつこくからんでくるのかね? ひょっとして、僕がたまらなく好きだからとか? 求愛を拒まれて逆上するというのは、今どきの自己愛のみ肥大した未熟な人間にはありがちなことですが、僕にはそんな趣味、ありませんからね(笑)。

 以上が僕の「逆コメント」です。これでまたブチ切れた場合には、自分のブログを作って、そこに非難罵倒、好きに書けばいい。もちろん、僕はそんなもの読まないでしょうが、名誉棄損に該当する場合には、宮崎市内に教え子の弁護士が一人いるから、彼に訴訟手続きを任せるでしょう。そのときは慰謝料をたっぷりいただく(法律に無知そうな君に教えておくと、警察は刑事で、こちらは民事)。

 どうですかね? もう一つ、君は自分の言っていることが根本的に矛盾しているということもわかってないようです。君はこのブログに影響力はないと言いたいわけでしょう? ないのなら、黙って無視すればいいわけ。大体、僕は君のせいで仕方なくこんなものを書いているけど、このコーナーの課外がどうのといった記事は最近書いていないので、そんなもの、ネチネチ読んでいるのは君ぐらいしかいないわけだよ。こっちだって忘れている。このブログの大方の読者もそうです。それをしつこくどうのこうの言ってくるとはどういう料簡なわけ?

 自分の「抗議活動」なるものが大変有意義で影響力が大きく、ストーカーもするし、事を進める順序もクソもないし、他者の人権も平気で無視するけど、そのおかげで事態は大きく変わったというのなら、人のブログに迷惑コメントを書き続けるのではなく、上に書いたように自分でブログを立ち上げる(デジタル音痴の僕でもできたのだから、かんたんにできる)他に、何なら自分のやってることの素晴らしさを書いた文書を大量コピーして、延岡中にばらまけばいいわけです。君はそういうの、得意にしてるんじゃないの? そうすれば、延岡中の高校生たちが感謝の花束をもって君の元へ押し寄せるかもしれない。実験してみたら?

 最後に、それだけ自分の活動が立派で意義があるというのなら、君は何でコソコソしていないで、自分の本名で書いてこないのかね? こういう糞コメントも、君は立派なこと、してるつもりなんでしょ? だったらきっちり名乗りを上げないと、男がすたるというものです。君が現在勤務している私立高校にも、この英姿を見せてやるといい。素晴らしい、これぞわが校の誇り、教師の鑑だと言ってくれるのを期待して。

 以上です。だから今度は本名のフルネームで書いてこいよ。そしたら消さずに残してやる。それもできないのは、君は最低の弱虫だということです。そういう人間に、人のことをとやかく言う資格ある? 県教委の職員も、公立高校のどんな問題教師も、こんな卑劣なことはしないだけ、君よりはずっとマシだと思うけど。
スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


<<コロナよりアベがこわいという声 | ホームへ | この国はどこに行こうとしているのか?>>
コメント
こんにちは。時々拝見しております。たしかクリシュナムルティで検索した時に、こちらのブログに辿り着いたんだったと思います。
私は今ある活動をしておりまして、それについてご意見をいただきたくてコメントさせていただきました。鳥取県東部には11の高校があるのですが、來夢・松村潔著『誕生日大事典』という本を、1つの高校に10冊ずつ寄贈しているのです。
この本は、街の書店の占いコーナーに置かれている誕生日のみでその人の性格、素質がわかる、という内容の本のうちの一冊です。
占いというのは根拠が明確でないので、昔から半信半疑だったのですが、どうもこれは当たっているのではないか?と思ったのです。
よかったら書店に行ったときに読んでみてもらえないでしょうか。子どもだましに自分が引っ掛かっているだけかもしれませんが、世の中のために何かしたいという思いが以前からありましたので、このようなことを始めました。
インターネットサイトでは次のサイトが凄いと思っています。(特に恋愛面)
『スピリチュアルライフ 本来のあなたへ還る旅』
https://www.spiritual-life.jp/
【2020/04/11 00:35】 | 鳥取より #yl2HcnkM | [edit]
鳥取の方へ
拝見しました。ゲーテの時代ぐらいまでは、西洋では誕生時に星占い師に見てもらって、天宮図を作ってもらうのはありふれたことだったと聞いています。ゲーテもそれをもっていて活用していたわけです。誕生日だけでなく、誕生年、誕生地の緯度経度、誕生時間によって天体の配置は違ってくるので、それは一人ひとり別になります。それで、それはナンセンスかというと、どうもそんなことはなさそうだというのが僕の考えです。そこから的確な診断、助言が満ち引き出せるかは占い師の能力によります。誕生日だけでわかるかどうかは知りませんが、お教えいただいたサイトは覗いてみました。全体に建設的なことが書かれているようで、こういうのならプラスになるのではないかと思いました。自分の誕生日のところも見てみましたが、そこにはよいことがたくさん書かれていて、少しほめすぎではないかと思いましたが(笑)、時期的な細かいところで、こういうのは凄いなと驚いたところがあります。家族や知り合いで誕生日を知っている人のも見てみましたが、「なるほど」と思うところが多かった。
もう一つ、僕は今ある本を読んでいて、面白いので翻訳に入りかかっているのですが、そこにも誕生日に関する話が出てきます。一族や知人友人の間で誕生日が近かったり、重なっていたりする実例を出して、これはそれ自体驚くべきことで、確率論で説明できる範疇を超えているのですが、その意味を説明しているのです。それは非常に興味深いものですが、魂の類縁性と何のために生まれてくるかという課題や、その人の過去世とも関係しているという話です。それは生まれてくる土地や将来住むことになる土地とも関係する。他にも色々あるのですが、これは占い本の類では全くないので、ついでにそういう話が出てきているのです。集団転生に関する話も出てきます。
ですから、結論としては、僕はそういうものをナンセンスだとは考えていないということです。それはそれを解明する人のレベルや、書き方とも関係しますが、建設的なものならプラスになると思います。そして、当たっていることが多いかもしれない。もしも非常に的中率が高いとすれば、それはその人がすぐれた霊能者でもあるからでしょう。この種のことではそれは重要です。
ですから、おかしな決定論に落ち込まないかぎり(これは重要ですが)、よいものならプラスに活用できることが多いだろうということです。
今のいわゆる実証科学は、それに合致しないものは迷信と一括りにしがちですが、それは視野狭窄というもので、別次元の科学も存在する。ふつうの人はその区別ができませんが、その中に迷信とそうでないものとがあるのです。
僕はそんなふうに考えています。お教えいただいた本も、このへんの本屋にあればの話ですが、いつか見てみたいと思います。
ありがとうございました。
【2020/04/11 10:52】 | 大野龍一 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koledewa.blog57.fc2.com/tb.php/710-c664462e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)