FC2ブログ

タイトル画像

これを黙過したのでは、日本の民主主義は終わる

2020.03.22(13:13) 701

 元NHK記者、相澤冬樹氏の記事が新たに2本ネットに出ています。まずNHKについて言えば、人から強制的に視聴料を徴収しておいて、こういうひどい裏切り行為をしているとは許しがたいので、こんなもの潰してしまった方が「世のため人のため」かもしれません。この局長は何か根本的な考え違いをしているのでしょう。低劣にもほどがある。

「なぜこのネタを出さないんですか!」森友問題“遺書”スクープ記者がNHKを見限った瞬間

 もう一つは、時間的には古くて昨日のものですが、ヤフーのニュースサイトに出ているもので、自殺した赤木さんの奥さんの言葉は言い得て妙です。

・「安倍首相、麻生大臣。あなた方は調査される側で『再調査しない』と言える立場にありません」自死職員の妻

 ところが〔週刊文春発売の〕翌19日。安倍首相は国会で「検察ですでに捜査を行い、結果が出ていると考えている。麻生太郎副総理兼財務相の下、事実関係を徹底的に調査し、明らかにした」と答弁。森友事件と公文書改ざんについて再調査し真相を解明してほしいという遺族の願いを拒否した。
 また麻生財務大臣も「新たな事実が判明したことはない」「(2018年公表の)財務省の報告書に尽きる」「再調査を行うという考えはない」と突き放した。


 というのですが、「事実関係を徹底的に調査し」ていたら、今回の手記の公表で明らかになったようなお粗末で醜悪な真相がわかって、安倍は「国会議員も辞める」ことにならざるを得なかったわけです。そしてそのまま、夫唱婦随の低級なネトウヨ総理夫妻の「アッキード事件」として歴史に記録されて終わりになっていたでしょう。

 安倍も麻生も、ヒラメ高級官僚たちも、NHKの上層部も、国民を舐めきっている。例の「桜を見る会」とやらも、“番犬”の黒川検事長(この後は検事総長に栄進する運びになっているとか)の不正定年延長事件も、根は同じです。弛緩しきったヤンキー政治のやりたい放題。これがまたウヤムヤにされて終わるのかどうか、日本社会が完全なる「権力者のみに優しい」タテマエだけの民主国家になり果てるかどうかの、これは試金石でしょう。

スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


<<新型コロナ・株・森友 | ホームへ | 酒井嘉和著『聖中心伝 肥田春充の生涯と強健術 青年編』について>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koledewa.blog57.fc2.com/tb.php/701-b1b5170f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)