FC2ブログ

新文科相「教育勅語肯定発言」に関する記事二つ

2018.10.04.12:31

 グーグルのニュースサイトに、次の記事二つが並んでいました。

【阿比留瑠比の極言御免】柴山発言、どこが「バカ」か

柴山昌彦文科相「教育勅語」復活は安倍政権の総意! 前川元次官も証言していた「教育勅語を使えるようにしろ」の圧力

 上は産経、下はリテラのもので、「たまたま」でしょうが、“心憎い”演出です。読者は両方読んで、どちらが妥当か自分で判断しなさいということなのでしょう。

 興味深いのは、産経記事で「あの政府攻撃で有名な前川喜平氏ですら肯定答弁をした」とされる問題のそれが下村(当時文科相)によって強いられたものであったことがリテラ記事には明記されていることや、「政府は平成29年3月の閣議では、教育勅語を『憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されていない』とする答弁書を決定している」と言うが、別の自民党政権の元での閣議決定ならいざ知らず、それは安倍政権下のことなのだから、擁護にも何にもなっていないことです(ちなみに、この記事は精彩を欠いていますが、阿比留瑠比は野党攻撃のためなら捏造記事も平気の安倍シンパで、安倍ヨイショ本も多く、例の小川榮太郎とどっこいどっこいの御仁です。ジャーナリストというより、狂信的な政治デマゴーグに近い)。

 尚、読売新聞の世論調査の記事もニュースサイトに出ていて、

 読売新聞社は、第4次安倍改造内閣が発足した2日から3日にかけて、緊急全国世論調査を実施した。内閣の骨格となる閣僚が留任する一方、初入閣が安倍内閣で最多の12人となった今回の内閣改造について評価を聞くと、「評価する」が38%で、「評価しない」の45%を下回った。

 …そうです。例の放送法見直し騒ぎでナベツネが安倍政権に距離を置き始めたせいかどうか、読売もいくらか「中立」度を増したのかなと思いながら読みました。リテラのサイトには上の記事と並んで、新安倍内閣は「全員野球内閣」というより、「ネトウヨ内閣」の色彩をいっそう強めたという記事も出ていて、それは尤もな指摘と思われるので、多忙でない方はそちらもお読み下さい。

スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR