FC2ブログ

東大卒、安倍に飼われた「黒い」官僚たち

2018.04.14.14:51

・今井尚哉 首相秘書官 東大法卒 1982年旧通産省入省
・黒川弘務 法務事務次官 1981年東大法卒 1983年検事任官
・佐川宣寿 前国税庁長官 東大経卒 1982年旧大蔵省入省
・柳瀬唯夫 前首相秘書官(現経済産業審議官)東大法卒 1984年旧通産省入省
・福田淳一 財務事務次官 東大法卒 1982年旧大蔵省入省
・佐伯耕三 首相秘書官 東大法卒 1998年経産省入省


 最近話題の「アベ官僚」を思いつくまま並べてみたら、こうなりました。先頭の今井氏は、安倍の「政策」の指南役にとどまらず、あれこれヤバいことが起きた際の裏の振付師で、「影の総理」と呼ばれたりする御仁。二番目の黒川氏は、「安倍政権の代理人」と呼ばれ、甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件を潰すなど、安倍政権はこれまで彼が政権に一途に尽くしてきたことを評価して、法務省の人事案を覆して事務次官にしたのだ、とか。

 カツラ疑惑もある佐川氏は、例の「私自身の刑事訴追に関することなのでお答えできません」連発のあれで、柳瀬氏は加計の獣医学部問題で、「首相案件」発言が取りざたされているものの、「愛媛県の職員に会った記憶はない」と言って、それに反する証拠がゾロゾロ出てきて困っているお人です。福田氏は、週刊新潮で、ほとんどヘンタイと言えるレベルのセクハラが暴露された栄えある財務事務次官。最後の佐伯氏はまだ年は若いが、首相秘書官という立場にありながら、国会でヤジを飛ばしたというので、一躍有名になった御仁です。今井先輩の覚えがとくにめでたいとか。

 他にもアベ官僚はたくさんいるのでしょうが、それにしても全員東大卒、しかも佐川氏以外は全部法学部出身なのには、あらためて驚きます。これは福島原発事故の際、「原子力ムラ」の代表的な学者や官僚がほとんど東大出身だとわかったとき以来のインパクトです。はっきり言わせてもらえば、ロクな奴がいない。

 僕は個人的には東大卒の「まともな」人を何人も知っていますが、こういうのを見ると、東大は相当ヤバいなという気がしてくるので、そこらへん、今の東大生はどう思っているのでしょうか? 「私大出身者のひがみ」だと言われるかもしれませんが、僕は別に学歴コンプレックスのようなものは持ち合わせていません。個人本位で人を見るので、中卒だからといって人を馬鹿にもしないし、ハーバード出身だからといって、別に恐れ入りもしない。人の賢愚はそういうことでは判断できないということを経験的によく知っているからです。たんなる情報処理能力では人はコンピューターにかなわないし、世に「物知り馬鹿」はいくらもいる。知能クイズの類にも昔から興味はないのです。

 これは「仕えた相手が悪かった」ということで説明できるものでしょうか? 親分がたまたまお粗末すぎたので、おかしな尻拭いに奔走することになり、こういうことになってしまったのだと。異様なセクハラ行為の福田財務事務次官などはそれで説明するには無理がありそうですが、仕事のストレスがヘンタイ行為につながっているのだと、こじつけできないわけではありません。大ボスの今井秘書官なんかの場合には、首相の無学無教養につけ込んで、権力を裏で操る快感に我を忘れるようになったと言えるかも知れません。

 何にしても、品性がまともとは言えない連中ばかりなのは驚くべきことで、国家官僚の質の悪さが安倍政権下で露わになったのは皮肉な効果と言うべきです。原発事故の時もそうでしたが、東大出身者は既成の権力に寄生することがとりわけ好きで、得意で、そういう中で「国民の利益」なんかはどこかに行ってしまうことが多いようです。

 東大も最近は海外大学進学組に蹴られることが多くなっているようですが、偏差値的に「国内トップ」であることは変わりないので、学風から京大の方をえらぶ受験生はつねに一定数いますが、「下限」で比較するなら、東大が一番難しい。いわゆる「秀才」が一番多く集う大学であるわけですが、権力志向が最も強い大学であることも否めないところで、こうも「腐敗官僚」がOBに多いというのは嘆かわしいことです。

 まあ、文科省の前川前事務次官や、経産省OBの古賀茂明のような人もいます。権力べったりの官僚たちからすれば彼らは「裏切り者」以外の何ものでもないのでしょうが、東大生にアンケートを取れば、その評価はどうなるのでしょうか? やっぱり「裏切り者」視されることが多いのでしょうか。「高速事務処理能力」と人を煙に巻く「東大話法」を武器に、要領よく権力にうまく相乗りして出世する先輩たちこそが「本流」なので、そこから外れることは「落伍」「負け犬化」でしかないのだと。

 いや、今の東大生の優秀なのは学者になったり、民間に行く方が多いので、官僚になるのは二番手三番手の権力妄想の強い連中でしかないのだと言われるかもしれません(僕の知り合いも民間人ばかりです)。それならまだ救いはあるが、こういうつまらん連中ばかりが目立つようだと、世間の東大評価は下がる一方になってしまうでしょう。英語にはclever とwise の使い分けがありますが、人間の価値は前者ではなく、後者で決まるのです。

スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR