FC2ブログ

大谷翔平に見る「今どきの日本の若者」の底力

2018.04.09.12:58

 エンゼルスの大谷が、三戦連続本塁打に加えて、投手としても「7回無失点・12奪三振の好投で今季2勝目」(朝日見出し)という驚異の大活躍を見せているようです。それでSHO Time なんて造語までできた。今後は警戒され、研究されていつまでも快進撃とはいかないでしょうが、現実離れのした凄さです。

 彼だけではない。平昌五輪男子シングル金銀メダルの羽生・宇野や、将棋の藤井聡太六段など、度胸も能力も満点の若者が今の日本にはたくさんいるので、今後日本は社会全体が大きな危機に見舞われるだろうと予測されますが、各分野で頼もしい若者が次々出てきて、その危機を救う大活躍を見せてくれるだろうと期待されます(ここに挙げたのは男子ばかりですが、それはたまたまで、女子にもいるはず)。ノーベル賞なども、愚かな科研費の大幅削減(安倍のアホに、海外歴訪のたびに無考えなバラマキをさせる余裕があるなら、もっと税金をマシなことに使え!)のために今後日本の受賞者はゼロになってしまうのではないかと言われていますが、科学や、人文社会科学を含めた各種の学問分野でも、大学者の卵はすでに出現しているでしょう。

 僕はながく子供相手の仕事をしてきましたが、飽きっぽい性格なのに予想に反してそれが長続きしたのは、「オトナは駄目でも、子供はまだ大丈夫」という感触がつねにあったからで、そういう思いを抱かせてくれたのは当の子供たちです。言葉で説明しろと言われれば難しいが、僕が接してきた子供や若者の多くは、ハートがあって、性格的にも感性的にも、頭脳の点でも、自分たちが子供の頃より「進化」してるなという感じがあって、育て方を間違えさえしなければ、将来が楽しみな子が多いなと自然に思えたのです。ちょっと見ただけではわからない「宝」を秘めている子が多い。少子化で過保護に育っているから駄目だというのは表面的な見方で、彼らはそんなにヤワではないのです。

 人間が生きるのに必要なのは、何より「希望」です。カネも最低限は必要だが、それは大した問題ではない。今の子供や若者に、従来の規矩では括れない豊かな資質をもっている子が増えているとするなら、僕らオトナのやるべきことは、少しでもそんな彼らへの妨害を減らし、環境整備を心がけることです。幸いなことに、あの超低次元の、戦前返り安倍政権もそろそろ終わりそうだし、「社会の無限後退」には歯止めがかかりそうです。

 今のような「かりそめの平和」が続くのは後せいぜい十年かな、と僕は見ていますが、「若者よ、大志を抱け!」で、将来活躍できるように、今のうちにしっかり勉強して能力を伸ばし、必要な教養も身につけておいてもらいたいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR