帰国したくない安倍総理~支持率2割台はもはや時間の問題

2017.07.10.16:31

 まさか置いていくわけにもいかず、渋々アッキーを伴ってG20に出かけた安倍晋三ですが、誇示できるような外交成果はゼロで、九州豪雨のため、予定を一日早めて明日11日に帰国することにしたという話です。あんたが一日早く帰ったところで、災害救助に何の影響もないよと言いたいところですが、「被災者の苦難に心を痛める首相」という“印象操作”をしたいがためなのでしょう。

 予想通りというべきですが、内閣支持率はさらに下がり、安倍御用新聞の読売の調査ですら、支持36%、不支持52%と出たとのこと(御用新聞批判と顕著な読者離れにうろたえて、質問の仕方を変え、“脱安倍”に舵を切ったのでしょうか?)。朝日では支持33%、不支持は47%で、NNNでは、なぜか不支持率は報道されていませんが、支持率は31.9%だとのこと。毎日新聞では前回調査で一番支持率が低く、不支持と逆転していましたが、今回はまだ調査していないのか、データは出ていません。

 この前の都議選の結果からもわかるように、これで民進党がしっかりしていれば、次の選挙で自民は再び下野させられるでしょうが、不人気は変わらず、支持率は二ケタにも届いていないとのこと。結局は自民内部での「政権交代」しかないでしょう(NNNの調査では都民ファーストの国政への進出に期待している人は僅かなので、そこらへん、有権者は冷静であることがわかります)。

 前にも書きましたが、安倍自身が何より問題なので、内閣改造で馬鹿も度が過ぎるともちんや金田法相のクビ切りを行って、代わりに人寄せパンダみたいな人材を登用しても、「政権浮揚」なんかになるわけはなく「政権不要」の印象を強めるだけに終わるでしょう。一刻も早い安倍退陣が望まれるところです。彼にこの上「憲法改正のチャンス」など与えてはならない。「暗黒国家」への道まっしぐらです。

 海外からも批判が目立つ「共謀罪」も廃案が望ましいが、自民党政権のままではそれは難しいでしょう。国民としてはとにかくあの総理夫妻のアホ面や、下村・萩生田のセコい腰巾着顔、官房長官の菅の「私が仕切ってます」ふうの態度、ともちんの「私、メガネが似合って可愛いでしょ?(極右ですけど、シンゾーと龍示さんは味方よ)」みたいなぶりっこ面を早く見ないで済むようにしてもらいたいという心理が強くて、他のことはほとんどどうでもいいみたいな感じになっているのではないかと思います。女性の支持率が特に下がって、すでに2割台になっているという話ですが、今のこの政権、女性に嫌われる要素を完全装備するに至っているので、無理からぬところです。支持は一部の産経オヤジとネトウヨ、例の懲りない高橋洋一や、竹中平蔵の子分の岸博幸ぐらいになって、それも、前にも少し書きましたが、絵に描いたような詭弁で、まともに相手にするのも馬鹿馬鹿しいレベルなのです(高橋洋一は新たに次の郷原信郎氏のブログ記事でも完膚なきまでに批判されています)。

加計問題での”防衛線”「挙証責任」「議論終了」論の崩壊

 とにかく安倍政権は「もう終わった」ので、自民党は「敗戦処理」を急ぐことです。政権交代を迫られるような強力野党の不在をいいことに、「まだ安倍でももつかな?」なんて甘い考えでいると、都議選の悪夢が国政選挙で再現される羽目になるでしょう。「もり・かけ」問題では何一つ疑惑は解明されていない。トランプのロシア・ゲートほどスケールは大きくないが、逆にこの政権がどんなにみみっちいものであるか、それを裏書きしているのです。

 妻のアッキーに負けず劣らず独善的・自閉的な意識の持主である安倍は、こうした状況がまだ把握できていないでしょうが、「政権を投げ出す」タイミングを見誤ると、自民党内からも「石もて追われる」状況になってしまうでしょう。帰国したら内閣改造よりも、身を引くことを考えた方がいい。結局彼は、「祖父と父の七光り」で政治家になっただけの男で、どこからどう見ても「総理の器」ではなかったのです。生活には困らないだろうから、この際国会議員も辞めて、アッキーと一緒に山口県下関市の田んぼで有機農法にでも励んでくれれば、夫妻の健康にとっても国家の健康にとってもプラスなので、申し分なしなのですが(ついでに、下村夫婦や萩生田、ともちん夫婦なども連れて行って、来月は稲刈りシーズンなので、一緒にそれを手伝わせたらどうですかね? そしたら全員、少しは庶民の苦労もわかって、もっと「足が地についた」考えができる人間になれるでしょう。その節は特区の大甘認定で、売れるかどうかはともかく、『超特級 有機スピリチュアル銘酒 アキエ(神に近づける大麻入り!)』の販売ぐらいは許してあげてもいいと思いますが…)。
スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR