何だ、「総理からの要請なかった」民間議員って、あの竹中平蔵じゃないか!

2017.06.14.13:47

 馬鹿馬鹿しいとはこのことです。彼がそう言い張るのはわかりきったことで、僕はかねてこの男を「和歌山の恥」と呼んでいますが、数々の浅ましい“前科”があって、つい先ごろもこういうニュースがあったばかりです。

民間議員・竹中平蔵氏に“退場勧告” 戦略特区に利益誘導批判

 それで、わざわざ記者会見など開いて、ここぞとばかり安倍におべんちゃら使う。安倍の応援団ってのは、例の「準強姦疑惑」の元TBS支局長の山口某にしても、竹中にしても、品性下劣な奴ばかりです。

加計問題 戦略特区の民間議員「総理から要請ない」

 見てやってください、この大げさな物言い! 守銭奴のこの男はもういい加減引退すればいいものを、パソナの会長職と東洋大教授でしつこく稼ぎながら、小泉政権以来のよしみで安倍政権にも食い込み、いたるところで公害をまき散らしているわけで、同県人として慙愧(ざんき)に耐えません(尤も、あの県は大阪に近い北の平野部と、南の熊野地方ではほとんど人種が違うのではないかというほど気質も違うので、彼は前者の履物屋の息子、僕は後者の山岳地帯のきこりの息子です)。

 あまりにもミエミエのゴマスリ、恥を知らないというのは恐ろしいものです。それでまた政府の何とか諮問界だの委員会だののメンバーにえらんでもらおうという魂胆なのでしょう。セコ…。

 ほんとは今回、こんなものを書く気はなかったので、野生動物を愛してやまない僕は、京大の熊野寮にイノシシが飛び込んできたというニュースを見て、そのイノシシ映像を熱心に見ていたのです。京大には立派なツノを生やした山羊から孔雀まで、構内に各種の動物がいて、大学なのか動物園なのか、よくわからない(大体、学長がゴリラの研究者です)そうですが、ついにイノシシまで登場ということになると、いっそう興趣は増すのです。

 それで、こちらを見て、「へえ、すごいな」と喜んでいた。

京都大学の学生寮にイノシシ 突進され男性けが

 どうですか、この颯爽たる軽快な走り! 最後の「警察はイノシシがどこから来たか調べています」には笑えるので、山から来たにきまってるでしょ。結局麻酔で捕獲した後、再び山に放されたようですが、「それ、ウチで飼うわけにはいきませんか…」なんてモゾモゾしながら真面目な顔で警察に言った京大生がいたのではないかという気がするので、どうなんでしょう?

 そこまでは上機嫌でいたのですが、ふと右側のニュースアクセスランキングというのを見たら、上の竹中ペーゾーの会見記事が目に入って、「またこいつか…」とムカッと来たので書いた次第です。

スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR