コメント欄の“場外バトル”についての見解

2017.05.23.12:58

 東大五月祭で高橋まつりさんのお母さんを招いてのシンポジウムがあったという東大新聞の記事について書きかけていたのですが、昨日仕事の出がけにメールを見ると、二件入っていて、何なのだろうと思ったら、ブログへのコメントの通知でした。

ホスト:sp49-104-18-204.msf.spmode.ne.jp
********************
どこの塾の方ですか?暇そうですね。
私は延高の卒業生です。
延岡高校の方針に疑問を多く持たれてますが、卒業生がどれだけ延高が楽しかったと卒業後に話してるのか知っていますか?
生徒たちがどれだけ学校を楽しそうにしてるのか知っていますか?
現に高校中退数は圧倒的に少ないです。
生徒、卒業生など不快になるようなものはやめてください。


 もう一つは、

名前:5/22の名無しコメント
タイトル:5/22の名無しコメント
ホスト:KD114020212165.ppp.prin.ne.jp
********************
5/22のコメントで延岡高校卒業生が楽しいとか言ってる奴いますがノスタルジーにふけってるだけです!
課外=加害とmixiやTwitterやFacebookで書き込みしたり課外に反感を持ってる現役生や卒業生が沢山います!
どんどん延岡高校なり星雲や宮崎県内の普通科情報を祝子川通信で書いて下さい!


 投稿時間を見ると、15:07と16:56で、そのあとまた一件入ったようですが、「何だかねえ…」という感じなので、こちらからもリプライしておきましょう。

 ちなみに、僕が「撲滅」を目指しながらまだ果たせていない「朝課外」については、ネットに次のような笑えるサイトができています。

福岡の高校生「朝課外なくしてください」wマツコ会議で話題に!

 要するにこの傍迷惑な制度は延岡、宮崎県だけではないということですが、この中の、

朝課外全国共通化しようぜ 俺らの苦しみ全国民で分かち合おう? 朝課外はいいぞ? 眠いし寒いし頭働かないしおかしくなるぞ? やめられないぞ?

朝課外は九州特有なんすかまじすか、 朝6時半に家を出て帰宅が夜8時だったあの生活…4時間寝たら満足していた私…なんというブラック。笑

 なんてのは爆笑ものですが、上のコメント主に言わせれば、朝課外なんか全然問題ではない(むしろ大変有益?)ので、「生徒たちがどれだけ学校を楽しそうにしてるのか知っていますか?」ということになるのです。前に一人だけ、三年の年明けに朝課外がなくなったら、早起きの癖がついていたので調子が狂ったという生徒がいて、「おまえはアホか!」なんて他の生徒たちに野次られているのを見たことがありますが、寡聞にして僕は「朝課外が素晴らしい」という生徒の話は聞いたことがありません。十何年当地で塾をやっていて、その数はこのコメント主の知っている生徒の数よりはるかに多いと思いますが、「課外はクソ」という意見の方が圧倒的に多かったのです。

「現に高校中退数は圧倒的に少ないです」というのも、「中退数は圧倒的に少ない」のがむしろふつうなので、仮にそれが一割に達する高校があったとすれば、それは完全に異常な学校なので、逆に言うと、中退者が少ないからその学校には問題がないということには少しもならないということです。

「どこの塾の方ですか?暇そうですね」はご挨拶なので、いっぺん僕のところに直接言いに来たら? 無事で帰れるという保証は何もありませんが、そんな度胸ないでしょう? 自分がこういう曲解に基づく愚劣な投稿をして、そっちの方がよほどヒマなのではないかと思いますが、どんなものでしょう?

 以上ですが、こういうのは何かというと「自虐史観だ!」と怒り出し、「日本は素晴らしかった。悪いことなんか先祖は何もしていない」と強弁して過去の歴史を美化してやまないネトウヨと同じ精神構造で、愛校心というものをはき違えているのです。僕は「OB、OGが三人寄れば母校の悪口」というので有名な大学の出身ですが、だからといって愛校心がないわけではないので、そんなに単純で一体どうするの、と訊きたいくらいです。

 先のネットの記事を見てもわかるように、この朝課外というのは「九州限定(たぶん九州でも有名私立はやってないと思いますが)」で、にもかかわらず九州地方の受験生はとくに優秀で難関大合格率が高いとか、そんな事実は一切ないのです。むしろ地盤低下傾向にあるので、意味あるのか、ということです。2ページ目を見ると、「でも朝課外に来る学生もキツかっただろうけど何よりも朝課外をする先生たちもキツかっただろうと思う…お互い良いことあんまり無いような……」というコメントも出てきますが、これも僕が繰り返し指摘してきたことです(註:言い忘れましたが、あれは課外費をしっかり徴収しているので、先生たちは無料奉仕しているわけではありません。その手当てがいくらかは、前にここのコメント欄にどなたか書いておられました)。

 お母さんたちは早起きして弁当を作らねばならないし、生徒は慢性睡眠不足に陥るだけで学習能率はかえって低下する、というのではいいことなしだと僕は言っているのですが、それが違うのと言うのなら、どう違うのか、そこをきっちり説明して反論してもらわないと議論になりません(前に日向から通う生徒についての質問がありましたが、朝課外に間に合わせるために、彼らは特急に乗らねばならず、定期代とは別に、毎日300円、特急自由席券代がかかるのです。「馬鹿馬鹿しい出費」だと、彼らは言っていました)。

 何にせよ、上に紹介したサイトは面白くて笑えるので、ぜひクリックして見て下さい。冒頭のコメント主のような人は別として、「共感しまくり」だと思いますよ。

スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR