「慰安婦像」より「少女像」の呼び名の方がいいワケ

2017.02.04.01:39

 何言ってんだか…と思ったので、ちょっと書いておきます。日本の政治家はほんとに喧嘩の仕方を知らないな、と呆れたので。まずは次の朝日の記事をご覧ください。

・「少女像」改め「慰安婦像」に 政府内で呼称を統一

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前などに設置された慰安婦問題を象徴する少女像の呼称について、政府内では「慰安婦像」に統一する方針を示した。菅氏はこれまで「慰安婦の少女像、または慰安婦像」としていたが、修正した。
 菅氏は「今まで『慰安婦の少女像』という話をしてきたが、『慰安婦像』のほうが分かりやすい。そのものズバリだ」と説明した。自民党内からは「『少女像』というと、慰安婦だった当時、全員が少女だったとの誤解を与える」といった異論が出ていた。


 まず、あれはどう見ても「少女像(十代半ばを想定して作っている?)」で、だからお涙頂戴になって、寒くないように服を着せたり、韓国の人たちはしてるわけです。「少女」だということを、あれを作った反日団体は熱烈にアピールしているわけで、しかし、事実としては少女の慰安婦は「例外」に属した。大方は二十代だったのです(こういう誤解は、「懲役三年」を求刑された朴裕河教授の『帝国の慰安婦』によれば、韓国で「挺身隊=慰安婦」の同一視、混同が生じたことに由来するのだろうという)。

 だから、そこを逆につけばいいわけですよ。感傷的な同情を集めるためにわざとらしく「日本軍によって無理強い慰安婦にされた無垢な少女」のイメージを拡散しているが、それは信憑性に乏しい話なのだということを。事実としてはそんなケースは稀(それも業者に騙されたものがほとんどと思われるので、「軍による強制連行」によるものだというのなら、証拠を示してもらわないと困る)だったので、こういうのが韓国の反日団体のやり口なのだということを説明すればいいではありませんか。

 僕は日本の一部右翼が主張するような、「慰安婦は純然たる金儲け」なんてえげつない説には賛同しない者で、経緯はどうあれ、それは辛い体験だったろうと同情しますが、それとこれとは別の話で、韓国の反日団体の手口は不潔だと感じるのです。

 だからそのあたり、先方があくまで「少女たち」だったと言い張るのなら、反論して、それが事実かどうかを明確化するきっかけに使えばいい。「少女ではいかにも外聞が悪い」とそれを避けようとするから、かえって相手につけ込まれるのではありませんか?

 何でその程度のことも考えつかないのか、僕にはさっぱりわかりません。
スポンサーサイト
プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR