FC2ブログ

祝 ボブ・ディラン、ノーベル文学賞!

2016.10.14.00:48

 村上春樹が今度こそ受賞するかと話題になっていたようなので、僕個人はとくに村上春樹に関心はありませんが、仕事から帰って「あの件はどうなったかな?」とニュースサイトを見ると、何とディランが受賞していた!

 彼がノーベル文学賞の候補になったのは、今回が初めてではありません。かねて詩人としての評価も高かったのです。ディランのファンなら誰でも知っていることですが、今頃まさかねえ…という感じで、若い頃彼の熱狂的なファンだった(今でも中年期までのものをよく聴いている)僕には、嬉しい驚きです。ちょっと古いが、やったぜ、ベイビー!

 ボブ・ディランというのは不思議な人です。舞台のパフォーマンスなんか、これだけ有名で、これだけ垢抜けしない人も珍しいなという感じで、引きこもりが無理してステージに上がったみたいな趣だし、声はカラスの声が潰れるとあんな感じになるかなと思わせるようなもので、僕は「ジプシーの音楽」と勝手に呼んでいるのですが、流浪の旅芸人みたいなマイナーさというか、異端の雰囲気がいつまでも残っていた(このあたり、いかにも人気を博しそうなビートルズの音楽とはずいぶん違う)。世に「プロテスト・ソング」と言われる種類の強烈なものもあるかと思えば、素直なラブ・ソングもあって、不敵な大胆さと人見知りの強い内気さが同居している。どうも生身の個人としては相当つきあいにくそうな人間だなと思わせるところがあって、しかし、そういうのも全部ひっくるめて彼の魅力なのです。

 僕はノーベル賞なんてクソ食らえ側の人間ですが、今回はちょっといい気分です。
スポンサーサイト



プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR