FC2ブログ

生物の地震予知能力

2016.04.15.03:35

 これは僕が延岡に来て以来、最大の地震でした。

 14日午後9時26分ごろ、九州地方を震源とする地震があり、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.4と推定される。警察庁によると、この地震で12人が負傷した。震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来。(時事通信)

 塾は授業の終わりが九時半なので、その直前でしたが、ある生徒の携帯が激しく鳴り出し、何だろうと思ったら、次の瞬間ぐらっと来たので、生徒たちと一緒に机の下に潜り込みながら、「それ、すごい性能だね」と感心したのですが、それは「地震警報」というやつだったようです。ちゃんと揺れる前に鳴るところがすごい。

 翻訳の校正作業がまだ少し残っていたので(これでもう一度ゲラの最終チェックをすれば作業は完了)、それを終えて、深夜零時前に塾を出たのですが、途中で何度かまた余震があり、帰宅して今書いている途中でも震度にして2ぐらいかな、という余震が起きましたが、熊本県の震源に近いところでは、ものすごい横揺れだったようです。あれでは家屋が倒壊しても無理はない。

 僕に不思議だったのは、塾の建物(本来は音楽スタジオで、防音完備、鉄筋コンクリートの頑丈な建物)の二階入口の、階段の上のところに、何匹も虫がいたことです。こげ茶のカメムシに緑色のカマキリ、その他がいて、まだ明るくて電灯をつける前なのに、きょうは何でこんなに虫がいるんだろうと不思議でした。前日は一匹もいなかったのです。

 ケータイを鳴らした女子生徒は虫恐怖症らしく、「何でカメムシなんているんですか!」と言いながら、別の虫を連れて入ってきたのですが、思えばあれは前兆だったのです。

 前兆は僕の夢にも表われていた。二日続けて妙な夢を見て、目覚めたとき何とも言えない重苦しい気分だったので、昼間郷里の母に何かあったかなと電話してもつながらない(まだ現役の農民なので、畑に出ていたのだと思いますが)。僕はこういう時、自分に思い当たるフシがない時は身内や友人、知人に電話をする癖があります。何かあったのではないかと妙に心配になるからです。

 東北大震災のときは、そうする間もなかった。朝方寝て昼過ぎに起きて、その間に異様な印象を残す夢を見たのですが、しばらくしてテレビをつけると、津波が押し寄せる映像が映し出されている。何日もたってから、僕は自分が夢で見たのと同じような光景をテレビで見ました。それは海の側から見た映像で、津波が襲った後の姿だから、そのときはそれが何なのか、皆目見当がつかなかったのです。背後の山の斜面に人が何人かいる気配で、彼らがこちらに向かって何か叫んでいる声が聞こえた。不謹慎だからその言葉は書きませんが、後でその意味がわかったのです。

 むろん、僕は霊能者の類ではありません。似たような経験をした人は他にもたくさんいたでしょう。そういうことはべつだん珍しい話ではないからです(僕もかつて鬱に悩まされたときは、ついでに異常な現象の頻発にも悩まされました。その手のことを喜ぶ人間ではないので、いったいこの世界はどういう構造になっているのだと、正直ぞっとさせられたものです。何か次元の違うものが入り混じって、そこに同時存在するという感じで、その頃は一時的な「霊能者状態」だったと言ってよい。しかし、幸いなことにそれは鬱が軽快すると同時にやみました。以来、ふつうに戻ったのです)。

 生物の予知に話を戻して、昔からそういうことはよく知られています。鳥やネズミが突如として大移動を始めたり、犬や猫がいつもとは違う行動を見せる。ナマズがほんとに地震を予知するかどうかは知りませんが、彼らはたしかに天変地異の予兆を人間よりも早く察知するようなのです。そういうことに過度な思い入れをするのはこっけいでもあれば、危険なことでもありますが、生きものたちの不思議な行動を天変地異の前に観察したことがある(たいていの場合、ヘンだなと思ってもそのままやりすごしてしまう)人はいくらもいるでしょう。

 それにしても、地震というやつはいつどこで起こるか、ほんとにわからない。後で「いや、そういう可能性もあったんです」などと言われても、熊本あたりで大きな地震が起こるかもしれないなんて話は、僕は聞いたことがありませんでした。実際、1923年に観測を始めて以来、九州地方で震度7が観察されたのは今回が初めてだとか。すでに亡くなった人が三人いるという話ですが、これ以上の大事に至ることがなくてすむのを祈るばかりです(震源地が稼働中の鹿児島の川内原発の近くなら、大騒ぎになっていたでしょう。地震の活動期に入っていると言われる中、いつどこで地震が起こるかわからないのだし、福島原発のあれほどの大事故があってもなお電力政策を転換しないなんて、ほんとにこの国の政治家たちはどうかしていると思います)。
スポンサーサイト



プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR