FC2ブログ

タイトル画像

安倍晋三とライフスペース・高橋代表

2015.06.18(16:50) 325

 昨夜遅く、仕事から帰ってテレビのニュースで党首討論のやりとりを見て、もはや笑うしかありませんでした。論理も道理もあったものではない。いかなる根拠も示さず、「安保法案の正当性、合憲性には確信を持っている」と言い張るのみなのです。詐欺師でないなら、一体どういう頭の構造になっているのか?

 唐突ですが、僕はこれを見て、昔ライフスペースというカルト宗教の高橋何とかという教祖がトンデモ事件を起こした際の記者会見の様子を思い出しました。ウィキペディアによればそれは、

 1999年(平成11年)に発生した成田ミイラ化遺体事件で、翌2000年(平成12年)に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたが、殺人について故意が認められるとして殺人容疑で起訴された。事件の異常さに加えて、逮捕前の記者会見や公判などで独自の『定説』・『判例』を展開して無罪を訴えて注目された。

 というものなのですが、僕はあれを見ておなかの皮がよじれるほど笑ってしまい、ニュースをはしごして何度もそれを堪能しました。彼の身ぶりもたっぷりの「シャクティパット。すなわち、フェザぁー、タぁッチ」なんてのは最高の箇所で、あの会見をフルバージョンでDVD化して発売すれば、ミリオンセラーになること疑いなしです(僕は時々あれを塾で実演して見せて、生徒たちを爆笑させているので、ほんとに受けるのです)。

 一部しか収録されていないのは残念ですが、そのときの様子は今でもYoutubeで見ることができます。

ライフスペース インタビュー 高橋代表

 いかがですか? この悠揚迫らざる落ち着き払った対応ぶり! この「定説主義者」はインドの有名なサイババ(遺憾ながらのちに御大自身が「児童性的虐待」で告発された)の直弟子だと主張していて、サイババに「そんな人は知らない」と言われると、「それはサイババの勝手」なのだと平然と(さすがに少し間はあったものの)切り返したのですが、ここらあたり、自党の参考人である憲法学者にまで「明白な意見」だと指摘されてもこゆるぎもせず、「完全に合憲だ!」となおも言い募る安倍晋三に通じるものがあります。

 また、この高橋氏の「ドイツ最高裁の判決」なるものが何を意味するかは不明なのですが、安倍自民も馬鹿の一つ覚えのように「砂川判決」を持ち出し、それは「集団的自衛権容認」とは何の関係もないと複数の憲法学者たちによって(説得力ある明快な説明と共に)繰り返し指摘されているにもかかわらず、それは完全に無視して、同じ主張を繰り返しているわけで、「定説なのだから定説なのだ」と言い張るこの教祖とそっくりなのです。

 もう一つ、自信たっぷり意味不明の言辞を並べ立てながら、納得できないと言われると、「あなた無茶苦茶ですね。今私が話したことが理解できないんですか?」と逆ギレして相手を非難するあたりも、安倍晋三の国会対応にそっくりです(自分のヤジは棚に上げて、人のヤジは非難するというご都合主義もお見事)。

 カルト宗教の教祖と一国の総理という違いはあっても、精神構造的には非常に近いものがあると思わざるを得ない。こういう素晴らしい人たちといくら論戦しようとしても、永遠に議論がかみ合うことはないでしょう。こういう場合は「狂っている方が勝ち」なのです。

 それにしても、われらが日本国民はいつまでこういうカルト政権を支持し続けるつもりなのでしょうか? 折しも、先頃「23か月連続の実質賃金の低下がついに止まった」というニュースがありましたが、それは「速報値」によるもので、「確定」段階になるとやはりそれは続いていて、正しくは「24か月連続で低下」だったと、さっきニュースで見ました。

「速報値では2年ぶりのプラスだったが、確報値では正社員に比べ収入の少ない非正規雇用者の比率が高まったことにより、賃金の伸びが低くなり、24ヶ月連続のマイナスになった」(JCnet)というのです(発表したのは厚労省なのだから、いつものように「マスコミの偏った悪意の報道だ」と非難することはできない。「日銀の黒田総裁が国債暴落の恐怖に恐れおののいている」なんてのは「デマだ!」と言えるでしょうが)。

 政府は目下、「定額働かせ放題制度」だと批判されている、「残業代をゼロにする『改正労働基準法』を今国会で通そうとしている」ところです。あれこれきれいごとを並べ立ててはいるが、意図は別のところにあると、今週号の週刊朝日は「“定額働かせ放題”で過労死予備軍300万人」という記事で指弾しています。安保法制のみならず、こちらも「違憲」の臭いプンプンで、それでも自公は圧倒的多数だから、通ってしまうのでしょうか。公明党はたしか、「平和と暮らしの安心」なるものを売りにしていたように思うのですが、その両方を破壊する政党と連立してしまったわけで、後で貧乏人にお情けの商品券でも配れば誤魔化せると考えているのでしょうか。

 先にも見たとおり、今の安倍政権はカルト宗教と変わらないので、創価学会を背後にもつ公明党とは相性がいいのかどうか知りませんが、「どうも本格的にヤバいことになってきたな…」と、内心は後悔しかけているのではありませんか?
スポンサーサイト





祝子川通信 Hourigawa Tsushin


政治 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]