FC2ブログ

宮崎日日新聞のすぐれた社説

2013.12.25.11:35

 例の韓国軍への銃弾提供で、地元の宮崎日日新聞に気合の入ったよい論説が出ています。これは「平和維持軍に武器弾薬を提供して何が悪いのか?」といった単純な問題ではない(相手が最近とみに仲の悪い韓国軍だということでよけい話題になっているようですが)。戦後積み上げてきたわが国の国際的信用を瓦解させかねない話です。

 僕は先日松竹伸幸氏の『集団的自衛権の深層』(平凡社新書 13年9月)という本を読み終えたところで、時間ができればその書評を書いてみたいなと思っていたところですが、ふだんはヒマな塾教師ですら走る師走で、その時間がない。

 この一件は集団的自衛権の話などとも密接に関係する問題なので、とりあえず「注目!」として、こちらだけご紹介しておきます。

 それにしても、最近は大新聞より、地方紙にしっかりしたオピニオンが多い(その筆頭の東京新聞にも同じような正面切っての批判が出ています)。今の地方紙は、地元密着の記事だけではなくて、こういうところも案外(といえば叱られるかも知れませんが)しっかりしているのです。気骨のあるジャーナリストは、むしろ地方紙の方が今は多いのかも知れません。

 ・宮崎日日新聞12月25日社説
スポンサーサイト



プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR