FC2ブログ

小出裕章先生講演会in延岡

2012.06.15.02:04

 あえてこんなブログで紹介するには及ばないと書かずにいたのですが、今週日曜(6.17)延岡で京大原子炉実験所助教・小出裕章先生の講演会が開かれます。

・詳しくはこちら

 主催が「日本熊森協会」となっているのが何となく可笑しいのですが、これは怪しい団体ではなくて、日本の豊かな原生林を守り、絶滅寸前のツキノワグマを救い、生態系の破壊を食い止めようと懸命な活動を続けている全国組織の宮崎県支部です。こちらでも荒れる人工林を修復しようと、ボランティアの人たち(子供・老人を含む)が休日を利用して間引きに参加するなど、積極的な活動を行なっています。バーベキューや飲み会などのプレミアムもついていて、不埒なオヤジ会員などの中にはそういうのにだけ参加する人もいますが、延岡(宮崎)の支部は寛大なのか、ただいい加減なだけなのか知りませんが、それでも怒られません。
 僕もその“冬眠”会員の一人で、有益な活動には全く貢献していませんが、この前は渓谷散策兼バーベキューのイベントがあって、それと帰ってからの飲み会には参加させてもらいました(その後スギ林の間引きを行なうというメールが届いていましたが、割れたガラスで指に怪我をしていたのを口実に、そちらのかんじんな活動の方はスルーしてしまいました。ほんとはほとんど治っていたのですが、宵っ張りの僕は朝早く起きるのがイヤだったので、治っていないフリをしたのです。子供たちはそのような不正直なオトナになってはなりません)。

 だから、「熊森協会」とは無関係な方も、安心しておいでになれるのです(詳しい経緯については、僕も話を聞いて大体知っていますが、ここでそういうことについて書くのは要らぬお世話でしょう。一つだけ書かせてもらうと、これは公費ではなく、ある人が私費で小出先生にお願いし、小出先生も恐ろしく安い講演料で応じて下さった、ということです)。

 唯一残念に思われるのは、これが延岡高校の学園祭(萌樹祭)と重なってしまったことです。土・日が萌樹祭で、僕はYoutubeで小出先生の講演をたくさん視聴して、そのお話の素晴らしさを知っているだけに、彼らがそれに出席できないのはほんとに残念です。下らない宿題がたくさん出ているだけなら、「そんなものは無視していいから、先生の話を聴きに行きなさい」と言うのですが、学園祭ではそうはいきません。延岡高校の学園祭は、僕も前に見に行ったことがあるのですが、なかなか立派なもので、生徒たちの熱意と才気がよく伝わってくるものです(一年生は合唱、二年は展示、三年生は劇です)。それをサボれとは、いくら“学校の敵”の僕でも言えない。親御さんたちも、わが子が劇で熱演するのを見逃すことはできないでしょう。
 しかしこれは、超多忙な小出先生の日程からして他の日程は不可能だったということなので、やむを得ないことです。

 そういうわけで、それに出席できない延岡高校の生徒たちのために、Youtubeから二つえらんで、過去に行なわれた講演会を紹介しておきます。先のは高校生たちを相手に行なわれたものです(分割されていますが、辿って順に見られます)。二番目のは収録状態が非常にいい(中味ももちろん素晴らしいものです)。こういうのを実際に視聴すれば、僕が大げさなことを言っているのではないのがわかるでしょう。

2011年11月5日[1 /7] 小出裕章助教 高校生たちへのメッセージ
小出裕章氏講演会 at コラニー文化ホール 2012/1/8

 それでは、直接小出先生の延岡講演会に出席できる方はそちらの方に。僕も大勢の聴衆の中にまぎれて、先生のお話に耳を傾けさせていただくつもりです。
スポンサーサイト



プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR