fc2ブログ

タイトル画像

『あなたのワタシはウソである』刊行のお知らせ

2023.04.29(18:33) 868

 この度、父・大野龍一の遺著『あなたのワタシはウソである』が、ナチュラルスピリット社から刊行される運びとなりました。以前に当ブログで遺著の出版準備を進めていることをお伝えしておりましたが、早いものでそれから1年半ほどの時が経ってしまいました。ここにようやく刊行のご報告をできることを大変うれしく思います。また出版を心待ちにしていただいていた皆様には、長らくお待たせしてしまったことをお詫び申し上げます。アマゾンでは既に先行予約が始まっており、書店でも5月20日以降、順次発売される予定となっておりますので、お手に取ってご覧いただけますと幸いです。以下、本書の目次と簡単な内容紹介をさせていただきます。

出版社ホームページ

Amazon

≪目次≫

まえがき
【第一部】
 第一章 脳が意識を生み出すのではなく、 意識が脳をつくり、使っている
 第二章 臨死体験時の幻像と現実世界
 第三章 意識と自己――誤った自己観念はどのようにして生まれたのか?
 第四章 意識が自己を離れるとき生まれる変化
 第五章 不安はどこからやってくるのか?
 第六章 意識の観点から見たオカルト現象
 第七章 人生の意味
 第八章 本当の「和」とは何か?
【第二部】――ブログ「祝子川通信」より
 一、生命の悠久の旅
 二、お盆にプラトンの『パイドン』を読む――霊魂不滅論について
 三、なぜ世界はこれほど悲惨な場所となったのか? ――プロティノス哲学からの照射
 四、意識と輪廻
あとがき 父大野龍一の思い出(大野 普希)
参考文献一覧

≪内容紹介≫

 本書が言おうとしていることのおよそ半分は、「あなたのワタシはウソである」という大胆なタイトルに端的に表現されています。通常ひとは、「自分(ワタシ)」という存在を前提として物事をとらえ、自己実現や自己責任、自己意識などという言葉をあたりまえのように使っています。けれども、この「ワタシ」という意識は単なる思い込みで、社会によって後天的に刷り込まれたものに過ぎないのではないか。これが本書の一貫した主張です。しかし、「ワタシ」意識を否定するのは、本書の主張の半面に過ぎません。「ワタシ」が「ウソ」だというのなら、真実、すなわち人生の一番の拠り所はどこに求めたらよいのか。そう問いたくなるのも当然です。そして本書のもう半分は、この疑問に答えることを目指しています。その答えが何なのか、それは本書を読んで皆様一人一人が感じ取っていただければと思います。

 本書の構成についても一言させていただくと、全体としては以上のような主題の一貫性を持ちつつも、各章はそれぞれ独立しているので、ご自身の関心に合わせてどこから読んでいただいてもよいかと思います。例えば、脳と意識の関係にご関心のある方なら、第一部第一章や第二部の四が興味を惹くかもしれません。切実な人生の悩みを抱いている方にとっては、不安や人生の意味を扱った第一部第五章や第七章から読み始めるのがよいかもしれません。また、『偉大なる異端』や、『リターン・トゥ・ライフ』、『エイリアン・アブダクションの深層』など、父の最近の訳書をお読みいただいている方であれば、「第六章 意識の観点から見たオカルト現象」などはなじみ深い内容かと思います。本書には、前提から出発して徐々に結論に導いていくような体系性はありませんが、全ての章で主張は一貫しているので、各章を読んでから全体を見渡し、全体を読んだうえでまた各章に戻っていただけると、本当に言いたいことが、徐々に立体的に浮かびあがっているのではないかと思います。本書が少しでも皆様の思考の材料やヒントとなれば幸いです。

スポンサーサイト




祝子川通信 Hourigawa Tsushin


2023年04月
  1. 『あなたのワタシはウソである』刊行のお知らせ(04/29)