FC2ブログ

これで韓国・お月さん大統領の政権は終わりが早まる?

2019.08.23.01:41

「まさか」と「やっぱり」が交錯するニュースだったようです。以下、時事通信。

【ソウル時事】韓国政府は22日、日韓防衛当局間で軍事機密のやりとりを可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表した。同日午後の国家安全保障会議(NSC)で破棄の方針を決定し、文在寅大統領が了承した。24日の延長期限までに日本政府に通告する。繰り返される弾道ミサイル発射など北朝鮮の脅威に対抗する日米韓の安全保障の連携は、文政権下で後退を余儀なくされる。
 破棄を発表した韓国大統領府の金有根・国家安保室第1次長は、日本政府が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外すると決めたことが「両国間の安保協力環境に重大な変化を招いた」と指摘。「敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させるのは国益に合致しない」と述べ、日本への不信感が破棄の理由だと示唆した。
 GSOMIAは朴槿恵前政権下の2016年11月に締結。北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日韓両政府による安全保障上の連携の「象徴」とされ、北東アジアの安定に向けた日米韓協力の支えとなっていた。(2019年08月22日21時20分)


 同じ時事通信の別の記事には、「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に関する22日の韓国大統領府発表文の全文」なるものが出ています。

 韓日間の「軍事秘密情報の保護に関する協定」、すなわちGSOMIAの延長可否に関する政府の決定について発表する。
 政府は韓日間GSOMIAを終了することを決定し、協定に基づき、延長の通告期限内に外交経路を通じて日本政府に通告する予定だ。
 政府は、日本政府が8月2日、明確な根拠を提示せず、韓日間の信頼が損なわれ、安保上の問題が発生したという理由で「輸出貿易管理令の別表の第三国群(いわゆる「ホワイト国」リスト)」から韓国を除外したことで、両国間の安保協力環境に重大な変化を招いたと評価した。
 このような状況で、政府は安保上、敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を継続することが、われわれの国益に合致しないと判断した。


 お月さん大統領(英語表記が Moon だから僕はそう呼んでいるのですが、lunatic という意味でもぴったりです)はかねて北朝鮮に特別な愛想を振りまいてきましたが、返礼として罵倒され続け、このGSOMIAについても「親日売国協定」と非難されていました。これで北朝鮮には、「文よ、今回はよくやった」とやっとほめてもらえるでしょう。

「アメリカは怒るだろう」という観測が一般ですが、文在寅とその取り巻きたちにとっては、とにかく「日本に負ける」ことが死ぬほどイヤ(そういう発想でしかものを考えられない)で、有効な対抗策が何一つ打ち出せない中で焦り、それでなくとも乏しい分別が完全に消滅してしまったわけです。「積弊清算」なるスローガンのもと、朴槿恵政権時代の実績と言えるものは全部否定してしまいたい文政権としては、ほんとはこれも潰したかったのかもしれませんが、アメリカが怒るのを恐れてできなかったのが、ここに来てよい「口実」が見つかったから、と言えなくもありません。

 自分がしでかしたことを棚に上げての、文政権の身勝手な屁理屈についてはすでにこれまで十分論じたので再論しませんが、ここまでくると完全な狂人です。いっそのこと、金正恩に「臣下の礼」をとり、北朝鮮に「併合」してもらえば紛らわしくなくていいのにと思いますが、韓国の保守派、というよりまともな人たちも、「ここまでこいつはアホなのか」と本気で怒っているでしょう。これで文政権の寿命はさらに縮まったと見られるので、長い目で見ればこれは幸いかも知れません。

 日本政府は、だから、落ち着いて対応すべきです。「その言い分は全く承服できないが、だったらそうすればいいでしょう」ということで、淡々と対応する。激しい「反日」アピールにもかかわらず、このところお月さん大統領の支持率はまた下がり出して40%台になっているようですが、時間の問題で20%台まで落ち込むでしょう。いずれ退陣に追い込まれるから、日本政府は次期政権に期待して、そのときあらためてきちんと相談しましょうという姿勢をアピールする。この政権を相手にしていたのではまともな話などできっこないので、適当にあしらい続けるしか手はありません。

 すべては次の政権になってからです。韓国でも新しい動きが出てきて、『反日種族主義』という本がベストセラーになっているそうです。複数の韓国人研究者が書いた本で、日本語版ウィキペディアにはすでにその項が出ている。

反日種族主義

 また、次のような記事もある。

韓国で「反日は迷信だ」と訴える韓国人学者の本が売れている

 この記事の、次の箇所に僕はとくに注目しました。

 崔氏は同書の出版後、韓国紙に出されたある全面広告に注目したという。
「その文言が刺激的でした。〈慰安婦問題をミスリードしてきた旧挺対協はなぜこの本に沈黙しているのか。反日種族主義の後ろに隠れないで堂々と出ろ〉と、慰安婦問題で対日批判の急先鋒である市民団体(*注)を名指しして公開討論を申し込んだのです。
 李栄薫氏らがそうした行動に出たのは、韓国社会で同書が批判もされず“無視”されていたからです。国民的議論にしたい、という思いがあるのでしょう」
【*注:旧韓国挺身隊問題対策協議会。現在の名称は「日本軍性奴隷問題解決のための正義記憶連帯」。略称は「正義連」】


 その甲斐あってか、「この本は、8月11日YES24総合ベストセラー1位に上がったし、教保文庫(オンオフライン統合)では10日、総合ベストセラー1位に上がった。アラジンでも10日、総合ベストセラー1位を記録した」(ウィキペディア)のだという。『帝国の慰安婦』でも旧挺対協の卑劣な欺瞞は指摘されていましたが、朴裕河さんを韓国世論は袋叩きにした。文在寅の「歴史観」なるものはその挺対協とほとんど同じですが、それが政権を取っておかしなことをやりすぎたために、かえって韓国の人たちに疑惑をもたせる結果になっているのかもしれません。何にせよ、そうした「歴史観そのものの見直し」が韓国で行われ、それが一定の支持を得られるようになったというのは明るい兆しです。

 僕もこの本、日本語訳が出たらすぐ読むつもりです。日本ではさらに売れるだろうから、出版社はすでに動き出しているはずです。

 話を戻して、今回のGSOMIA破棄も、あの文政権だからということで見れば、何の不思議もない。韓国民からも完全に見放されるまで、彼は馬鹿をやり続けるでしょう。ハンギョレや上の「旧挺対協」、類似の異常な左翼市民活動家たちと共に、彼は終わるのです。しばらく騒がしいでしょうが、自分で墓穴を掘ってくれるので、日本政府としてはかえって楽かもしれません。それを織り込んで、落ち着いて対応してもらいたいものです。


プロフィール

大野龍一

Author:大野龍一

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR