fc2ブログ

タイトル画像

『あなたのワタシはウソである』刊行のお知らせ

2023.04.29(18:33) 868

 この度、父・大野龍一の遺著『あなたのワタシはウソである』が、ナチュラルスピリット社から刊行される運びとなりました。以前に当ブログで遺著の出版準備を進めていることをお伝えしておりましたが、早いものでそれから1年半ほどの時が経ってしまいました。ここにようやく刊行のご報告をできることを大変うれしく思います。また出版を心待ちにしていただいていた皆様には、長らくお待たせしてしまったことをお詫び申し上げます。アマゾンでは既に先行予約が始まっており、書店でも5月20日以降、順次発売される予定となっておりますので、お手に取ってご覧いただけますと幸いです。以下、本書の目次と簡単な内容紹介をさせていただきます。

出版社ホームページ

Amazon

≪目次≫

まえがき
【第一部】
 第一章 脳が意識を生み出すのではなく、 意識が脳をつくり、使っている
 第二章 臨死体験時の幻像と現実世界
 第三章 意識と自己――誤った自己観念はどのようにして生まれたのか?
 第四章 意識が自己を離れるとき生まれる変化
 第五章 不安はどこからやってくるのか?
 第六章 意識の観点から見たオカルト現象
 第七章 人生の意味
 第八章 本当の「和」とは何か?
【第二部】――ブログ「祝子川通信」より
 一、生命の悠久の旅
 二、お盆にプラトンの『パイドン』を読む――霊魂不滅論について
 三、なぜ世界はこれほど悲惨な場所となったのか? ――プロティノス哲学からの照射
 四、意識と輪廻
あとがき 父大野龍一の思い出(大野 普希)
参考文献一覧

≪内容紹介≫

 本書が言おうとしていることのおよそ半分は、「あなたのワタシはウソである」という大胆なタイトルに端的に表現されています。通常ひとは、「自分(ワタシ)」という存在を前提として物事をとらえ、自己実現や自己責任、自己意識などという言葉をあたりまえのように使っています。けれども、この「ワタシ」という意識は単なる思い込みで、社会によって後天的に刷り込まれたものに過ぎないのではないか。これが本書の一貫した主張です。しかし、「ワタシ」意識を否定するのは、本書の主張の半面に過ぎません。「ワタシ」が「ウソ」だというのなら、真実、すなわち人生の一番の拠り所はどこに求めたらよいのか。そう問いたくなるのも当然です。そして本書のもう半分は、この疑問に答えることを目指しています。その答えが何なのか、それは本書を読んで皆様一人一人が感じ取っていただければと思います。

 本書の構成についても一言させていただくと、全体としては以上のような主題の一貫性を持ちつつも、各章はそれぞれ独立しているので、ご自身の関心に合わせてどこから読んでいただいてもよいかと思います。例えば、脳と意識の関係にご関心のある方なら、第一部第一章や第二部の四が興味を惹くかもしれません。切実な人生の悩みを抱いている方にとっては、不安や人生の意味を扱った第一部第五章や第七章から読み始めるのがよいかもしれません。また、『偉大なる異端』や、『リターン・トゥ・ライフ』、『エイリアン・アブダクションの深層』など、父の最近の訳書をお読みいただいている方であれば、「第六章 意識の観点から見たオカルト現象」などはなじみ深い内容かと思います。本書には、前提から出発して徐々に結論に導いていくような体系性はありませんが、全ての章で主張は一貫しているので、各章を読んでから全体を見渡し、全体を読んだうえでまた各章に戻っていただけると、本当に言いたいことが、徐々に立体的に浮かびあがっているのではないかと思います。本書が少しでも皆様の思考の材料やヒントとなれば幸いです。

スポンサーサイト




祝子川通信 Hourigawa Tsushin


タイトル画像

ご報告

2021.11.03(19:37) 867

 10月25日(月)に父大野龍一が療養中の病院で息を引き取りました。本人の遺志に従い葬儀は家族のみで執り行いました。ご心配をおかけしていた皆様には、ご報告が遅れましたこと、また略儀ながらブログでのご報告となりましたことをお詫び申し上げます。

 膵臓がんの宣告を受けてから約2カ月、父自身が当ブログに「余命宣告」と題する記事を書いたこともあり、多くの方々から日々温かいお見舞いのメッセージをいただておりました。皆様のお陰で父が最後まで生きる希望と喜びに満ちた人生を送ることができましたことを、本人に代わって厚く御礼申し上げます。今まで本当にありがとうございました。

 当ブログは父にとって皆様と対話するための大切な場でありましたので、今後もそのままの形で公開を続けることにいたします。新たな記事が追加されることはありませんが、過去の記事は今までと変わらずご覧いただけます。お暇な折にでも、古い記事を繙いて思索の材料をくみ取っていただければ、それが何よりの供養になるかと存じます。

 末筆ながら、現在、出版に向けて調整を行っている父の遺稿について簡単に述べさせていただきます。これは亡くなる直前まで父が加筆修正を続けたもので、出版が適えば最初で最後の自著ということになります。内容としては、これまでの父自身の思想の歩みを振り返りつつ、現代社会の根本問題を追究したものとなっておりますので、当ブログの読者の皆様には面白くお読みいただけるのでないかと期待しております。本人がその出版に立ち会えなかったことは残念ではありますが、息子の私が遺稿を引き継いで作業を進めて参ります。出版の目途が立てば、当ブログにてご報告いたしますので、気長にお待ちいただけますと幸いです。



祝子川通信 Hourigawa Tsushin


タイトル画像

ブログの更新について

2021.10.10(13:29) 865

 病床の父に代わり、今回は簡単ながら息子が近況のご報告をさせていただきます。前回の「近況報告」から少し時間が空いてしまい、父の病状のその後をご心配してくださっている方もいらっしゃるかと存じます。実際に多くの方から心のこもったお見舞いのメッセージをいただき、家族一同大変感謝しております。

 父はブログを通して皆様と交流することを大きな生きがいとしておりますので、今も病状が許せば新しい記事を書きたいという意欲を持っています。しかし、現状は体力的にそれが困難なので、しばらくブログの更新はお休みさせていただくことになるかと思います。気力・体力が回復すれば、また新たな記事をアップすることもできるかもしれませんので、その際はご覧いただけますと幸いです。

 皆様には多くのご心配をおかけしてしまい申し訳ありませんが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

祝子川通信 Hourigawa Tsushin


タイトル画像

近況報告

2021.09.28(17:24) 864

 かなり長期間更新がなかったために、読者にはあれこれご心配いただいているだろうと思います。申し訳ありません。これは妻のパソコンで書いているもので、アップは息子のほうがしてくれると思うのですが、僕は目下入院中です。しばらく通院・投薬治療を受けていたのですが、今月17日、どの段階まで行ったとき入院が妥当になるか質問し、二、三先生と直接がやりとりがあった後、限界に近くなっているかもしれないということで、即日入院となりました。

 入院当初はひどい状態で、家族はそれ以前からもう長くはもたないと見ていたようですが、ひどい体力低下・衰弱と、おなかの痛み(それも各種ある)等あって、痛み止めなども制限ギリギリまで使っても収まらず、無理を承知で看護士さんたちに背中を撫でてもらったりしていたのですが、数日して安定に向かい、各指数値も安定し、信じられないほど事態は好転しました。でなければこんな記事など書いていられないので、入院前は二行のメールすら書けなくなっていたのです。

 今後どうなるかは予断の許さないところですが、病院スタッフの皆さん、家族の支援を得て、やりかけた仕事を次々片付けるなど、非常に充実した日々が送れています。痛み止めにモルヒネ系の薬物を使っている関係で、不思議な感触があったり、絶え間ない眠気に襲われるといったことはあるのですが、体力の戻り具合も全然違うので、この状態なら、僕本人としては申し分なしです。

 何が幸いしてこうなっているのかは神ならぬ身にはわかりませんが、多くの人たちの僕の知らないご尽力や見えざる力のおかげもこうむっているのではないかと思い、感謝に堪えません。使える時間を与えられている(しばらく前は苦痛でそれどころではなかった)のはありがたいことなので、今はできるだけそれを善用したいと心がけています。

 ありがとうございました。


祝子川通信 Hourigawa Tsushin


タイトル画像

ガースー退陣で差すか、希望の光

2021.09.03(19:15) 863

 これは闘病中の僕にとっても明るいニュースでした。「コロナ対策に集中するため」というのは例によって好都合な後からのこじつけで、その前は解散を先にやって自民党総裁選を先延ばしすることを画策し、党利党略ならぬ「個利個略」だと批判されて潰れると、「今はコロナ優先で、そんなことをしているときではない」とそれを正当化したのと同じで、何のことはない、その後もいつものように裏であれこれ企み、結局全部うまく行きそうもないのがわかったので、とうとう観念したのです。超不評の二階を幹事長から外す程度ではもはやどうにもならなくなった。菅や二階が権力の源泉として悪用してきた巨額の機密費(使途の報告義務はない)についての記事も最近よく見かけますが、今の自民は日本社会に巣食う癌細胞以外の何ものでもないので、次の総理総裁が誰になるかは知りませんが、ちゃんと通じる言葉と論理で語って、そこに真実性があるような人に総理をやってもらいたいものです。ガースーのように自分の言葉も、生きた理念やヴィジョンも、人々への共感能力も何もなく、裏で恫喝・画策するのは得意だが、正面切って語れるものが何もない政治家だけは願い下げです。ほんとに、戦後最悪の総理でした。自分から引いたということで、日本社会のつねとして、「菅総理のよかったところ」を無理に語る記事がしばらく増えそうですが、「やれやれ、やっとか…」という思いしか、僕にはありません。ガースーや二階、麻生や安倍といった面々は、国会議員そのものをやめて引退すべき(それが自民党のためでもある)と思いますが、それはしそうにないから、古い体質は温存され、それが今後も大きな仇になりそうです。

 次は岸田になるのか、河野になるのか、それとも石破なのか? 問題はその選出プロセスで、今度は注目されているから派閥が裏であれこれというのは難しそうですが、それでもやってしまうのが今の自民党なので、とんだ茶番にならなければ幸いです。仮にガースーが引き続き立候補したところで、オープンにやった場合、彼には正面から議論を戦わせ、相手を説得したり抑え込んだりする能力は元からないから、上の三人の誰が相手でも、勝ち目はなかったでしょう。独善性のかたまりのような彼も、さすがにそのあたりは読めたのです。

 株価はガースー辞任の一報が流れた後、一時500円も上がったそうですが、これも理解しうることで、彼が総理の座にある限り、社会の沈滞ムードは募るばかりで、上向く気配がありませんでした。コロナだけではなく、菅総理その人が疫病神みたいに感じ取られるようになっていたわけです。彼が真実性に乏しい「前向きな」言葉を棒読みすればするほど、聞いている側の疲労倦怠感が募る。何でもいいから、早くおまえどっかに消えてくれと、感じている人はおそらくかなりの多数に上ったでしょう。遅きに失したとはいえ、日本人はやっと“ガースー禍”からは解放されるのです。それだけはほんとによかった。

 愚かな東京五輪開催へのこだわりと、甘い希望的観測に基づいてしか行動しない菅政権の無能無策のために、日本のコロナからの回復は他の先進諸国と較べて大幅に遅れそうですが、とにかく今の日本社会に欠けているのは希望です。ともに協力し、助け合って、困難を乗り切っていこうという気風が、世論完全無視で勝手なことばかり仕出かすガースーのアホタレ政治のせいで深刻に損なわれてしまった。本来はそういう雰囲気がつくりやすい日本でそうなってしまったのです。次の自民総裁にはそこらへんよくわかった人が就任してもらいたいので、それで自民人気が復活すれば今度の選挙で灸を据えることは難しくなるかもしれませんが、野党も「無責任だ」という非難(じゃあ、ガースーが続けた方が日本のためだというのか?)ばかりではなく、明確な政策を打ち出して、正面から戦う姿勢を見せてもらいたいものです。マスコミもそこらはちゃんと報道する。結局のところ、今の有権者が最も求めているものは、「人間として信用の置ける、当事者能力のある誠実な政治家」でしょう。それがどこにもいないということになると、政治家たちはたんなる社会の寄生虫としてしか存在しないということになります。与野党問わずそれでは、この国は今後の国難的自然災害の到来以前に、終わっていたということになるでしょう。そういう緊張感、少しでも今の政治家センセにはあるのでしょうか? 言葉はタダとばかり、鹿爪らしい顔つきでやたら大袈裟なことを言う御仁はたくさんいるようですが…。



祝子川通信 Hourigawa Tsushin


最近の記事
  1. 『あなたのワタシはウソである』刊行のお知らせ(04/29)
  2. ご報告(11/03)
  3. ブログの更新について(10/10)
  4. 近況報告(09/28)
  5. ガースー退陣で差すか、希望の光(09/03)
次のページ
次のページ